マーケティング担当者が注目するキーワード、来年は何がくる? 画像 マーケティング担当者が注目するキーワード、来年は何がくる?

ライフ

 ジャストシステムがマーケティング担当者を対象にトレンド調査を実施。2015年に担当者たちが注目したキーワードや、今後の注目ワードをまとめている。

 アンケートは事前のスクリーニング調査で「企画、 マーケティング、 広報、 販売促進、 市場調査・分析(リサーチ)の職種に従事している」と回答した、20~60代の男女200名を対象に実施。セルフ型アンケートサービスの「Fastask(ファストアスク)」を利用して、12月18日から21日にかけて行われた。

 調査によると2015年にマーケティング担当者が注目したキーワードは「ビッグデータ」が19%でトップに。次いで、「LINE(17%)」「Instagram(12.5%)」「定額制動画視聴サービス(12.5%)」がランクインした。特に「ビッグデータ」と「Instagram」は今後注目したいキーワードとして、それぞれ19.5%の回答を獲得しており、来年以降も注視されていきそうだ。

 今後注目したいキーワードでトップになったのは「IoT」で21%。チャットやユーザー分析を利用したメール・クーポン発行などを行う「ウェブ接客」が19.5%と、次いで高い注目度となっている。自治体などの利用も広がっている「動画広告」も18.5%と、現時点での注目度は低いものの、今後に期待が寄せられるキーワードとしてあげられている。

 なお、ウェブアンケートであることもあってか、アンケート回答者の情報収集源としては「ウェブサイト」が64%ともっとも多く、「テレビ(49%)」「本・雑誌(46.5%)」が続いている。今後の注目媒体としても「インターネット」が72%でトップ。2位以下は「スマートフォン(57.5%)」「テレビ(47%)」となっている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 今後3年で“タニタ”の文字が飲食業界にあふれ出す!

    今後3年で“タニタ”の文字が飲食業界にあふれ出す!

  2. 「地球・夢・未来―石油の作文コンクール」表彰式を開催

    「地球・夢・未来―石油の作文コンクール」表彰式を開催

  3. 大正琴の魅力を堪能…コンクールに325名が参加

    大正琴の魅力を堪能…コンクールに325名が参加

  4. 清水建設北陸支店、金沢市・玉川こども図書館に海外絵本寄贈

  5. 「学び続ける教師のための5つの提言」とりまとめ――神奈川県教育委員会ら

  6. 【レジャー&サービス産業展】ものづくり技術をいかしたスポーツレジャーの新感覚アトラクション

  7. 【回転窓】使い道のない空き家

  8. 茨城県教委、教育改善案募集する「アイデアオリンピック」開催

  9. やはり若者は車が不要なのか?…ソニー損保アンケート

  10. 40年の老舗書店に幕――リブロ池袋本店7月20日に営業終了

アクセスランキングをもっと見る

page top