本日の新聞から:またトンネル内事故…千葉県で天井モルタル落下 画像 本日の新聞から:またトンネル内事故…千葉県で天井モルタル落下

インバウンド・地域活性

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2015年12月24日付

●トンネル天井23.5トン剥落(読売・1面)

●着陸料乗客数で変動、仙台空港民営化機就航増狙う(朝日・1面)

●二駆より低燃費の四駆、マツダ、自動制御技術、軽量化で開発へ(産経・10面)

●バス運転手足りない、観光立国に黄信号(産経・10面)

●フォードとグーグル交渉、米報道、自動運転車の開発・生産(日経・5面)

●米社買収価格上積み ブリヂストン米投資家に対抗(日経・11面)


ひとくちコメント

トンネル内の天井落下事故が後を絶たない。房総半島をドライブする人にはおなじみのトンネルだが、12月23日午前、千葉県君津市の国道410号のトンネル「松丘隧道」で、天井部分のモルタルがはがれ落ちたという。

千葉県が発表したもので、きょうの各紙が取り上げている。天井からモルタルがはがれ落ちたトンネルは、全長が91メートル、道幅は6メートルで東京方面と房総半島内陸部を結ぶ幹線道路上にある。

このうち、落下した部分は長さ約20メートル、幅約5メートル、厚さ約10センチ、その重さは約23.5トンに及ぶという。

3年前の中央自動車道の笹子トンネルで天井板が崩落した事故や、13年1月の国道410号「大戸見隧道」のモルタル落下事故などを受け、13年2月に実施した安全点検で松丘隧道の老朽化が明らかになった。そこで、14年6月から、古いモルタルを削るなどの工事を開始しており、落下したモルタルは1カ月ほど前に吹き付けたばかりだったそうだ。

2012年12月の中央自動車道笹子トンネル事故では、遺族が、中日本高速道路などに損害賠償を求めた訴訟の判決が下り、横浜地裁は総額4億4000万円余りの賠償を命じたばかり。判決を下した裁判長は「目視だけの点検を選択した過失があり、天井板の崩落を予測し回避することは可能だった」と認定した。

今回の君津市の国道のトンネルからのモルタル落下事故は、はがれ落ちた時はモルタルの上にコンクリートパネルをつけるための基礎工事中で、当時、通行していた車はなく、けが人がいなかったというのは不幸中の幸いだった。県が原因を調査中だが、取り付け時に何らかの手抜きがあったのではないかとも考えられ、これが工事完了後であれば、大惨事になっていた可能性もある。

それにしても、房総半島は海岸沿いの道路でも老朽化したようなトンネルが多い。前方の車との車間ばかりでなく、天井まで気にしながらのドライブは辛いものがある。点検には念には念を入れてもらいたいものだ。

【新聞ウォッチ】千葉県君津市の国道トンネル内でも天井モルタル落下事故

《福田俊之》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  3. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

    和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  4. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  9. 富裕層インバウンドの法則その5

  10. 大規模案件を直接受注、企業連合で大手に対抗する地方SE

アクセスランキングをもっと見る

page top