五洋・りんかい日産建設JV、東洋建設がベトナム・港浚渫工事受注 画像 五洋・りんかい日産建設JV、東洋建設がベトナム・港浚渫工事受注

海外進出

 ベトナム北部の国際港・ラックフェン港の航路浚渫工事を日系ゼネコンが相次ぎ受注した。五洋建設は21日、りんかい日産建設とのJVで、ベトナム政府から「ラックフェン国際港建設プロジェクト(航路浚渫工事)・パッケージ9」を総額約198億円で、東洋建設も同日、「同・パッケージ8」を約151億円で単独受注したと発表した。事業は日本の円借款のうち本邦技術活用条件(STEP)で実施される。
 同港はハイフォン市東部のカットハイ島に位置。物流を担うハイフォン、カイラン両港の拡張が難しいため、大水深の新たな主要国際港として整備される。同港の建設は日越両国による初のPPPプロジェクトとして実施されている。
 パッケージ8、9ともに、ベトナム交通運輸省が発注。コンサルタントは、日本工営・日本港湾コンサルタント・PORTCOAST・日本工営ベトナムJVが担当している。
 五洋建設・りんかい日産建設JV(出資比率は五洋75%、りんかい日産25%)が受注したパッケージ9は、航路沖合部を幅160メートル、全長10・3キロにわたって水深14メートルを確保するために浚渫する。浚渫土量は約1575万立方メートル。工期は正式着工から915日間。18年の竣工を予定している。
 東洋建設が担当するパッケージ8は、航路泊地の上流側を幅160メートル、延長7・1キロにわたり水深14メートルに浚渫する。浚渫土量は約1405万立方メートル。工期は915日間。ベトナムで同社が受注した工事としては金額、工期とも過去最大という。

五洋建設・りんかい日産建設JV、東洋建設/日越PPP・ラックフェン港浚渫工事受注

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  2. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  3. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  4. 【ポストものづくり時代:3】B2BからB2Cへの脱却!

  5. ダイハツ、新型商用トラックをインドネシアで展開。現地ニーズを捉えて

  6. 自動車業界から見た2016年、激動の世界に日本企業は対応できたか?

  7. NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

  8. 新マレーシア航空、新体制の滑り出しは順調

  9. 【国産家具を世界へ!:1】日本だけの“ストーリー”をデザインする

アクセスランキングをもっと見る

page top