青木あすなろ建設、クリーンセンター更新需要に照準 画像 青木あすなろ建設、クリーンセンター更新需要に照準

マネジメント

 青木あすなろ建設の上野康信社長は、日刊建設工業新聞社のインタビューに応じ、需要の拡大が見込まれるクリーンセンター更新工事の受注に力を入れる方針を明らかにした。クリーンセンターの更新事業では、プロポーザル方式で焼却炉と施設の建て替えを一体的に発注されるケースが多く、重電メーカーと共同で事業に参画していく。
 1990年代に建設されたクリーンセンターが築20年以上経過し、老朽化が進行している。そうした施設の多くは、焼却炉の更新に合わせて施設を建て替える場合が多く、建て替えの対象となる施設は全国で1000カ所に上るとみられる。大規模な場合は、1件当たりの事業費が数十億円になるケースもある。
 事業者を選定するために行われるプロポーザルでは、既存施設を解体した後の土壌の汚染対策も含めた提案が求められ、同社が得意とする浄化技術を積極的にアピールしていく。15年度は、近畿地方で1件受注した。東北地方でも有望な案件を控えているという。
 同社は、新規事業の一つとして、環境事業を強化している。風力・太陽光など再生可能エネルギー関連の民間工事で実績を重ねており、クリーンセンターを環境事業の新たな柱として受注を伸ばしていく。

青木あすなろ建設/クリーンセンター更新需要に照準/汚染土壌対策を積極提案

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

    国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  2. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

    民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  3. 西松建設と岩野物産、トンネル覆工コンクリートの養生工法で「給水タイプ」実用化

    西松建設と岩野物産、トンネル覆工コンクリートの養生工法で「給水タイプ」実用化

  4. 自動車産業、今後20年の5つの課題――エネルギー・人口問題が先進国・新興国に与える影響

  5. JR東海のリニア中央新幹線、工事発注手続きが本格化

  6. 物流デベロッパー・トップの視点(6):レッドウッドグループ、時間かけ川上から土地情報把握

  7. 建設コンサルがM&A加速! 勝ち残りへ事業多角化

  8. 「中小企業の《経営論》」第15回:中小企業による海外販路開拓(3)…代理店とは?

  9. 鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

  10. 【中小企業の『経営論』】第16回:研修熱心なオーナー社長の落とし穴

アクセスランキングをもっと見る

page top