“爆買い”呼び込むビックカメラと春秋グループの提携 画像 “爆買い”呼び込むビックカメラと春秋グループの提携

インバウンド・地域活性

 大手家電量販店のビックカメラは22日、中国・春秋グループとの業務提携と、同グループ傘下の春秋航空日本(Spring Japan)への出資を発表した。

 同グループは中国大手旅行会社の春秋国際旅行社を中心に、春秋航空上海、春秋航空日本、日本春秋旅行などで構成される。今回の業務提携により、春秋国際旅行社で訪日旅行を申し込んだり、春秋航空で訪日する中国人旅行客に対して、ビックカメラの優待クーポン等を優先的に配布・配信することが可能に。また、春秋グループの空港カウンターや機内などにおいてプロモーションも展開される。

 春秋航空はLCCで、現在、春秋航空日本は日本国内で2路線を運航。来年2月には中国内陸部から成田空港への直行便を就航させる予定だ。なお、春秋航空上海は中国・日本間も含む国際線のほか、中国都市間の路線を運航している。

 訪日外国人旅行者の数が年々増加し、中でも中国人はお土産品を大量に購入する“爆買い”に象徴されるようにインバウンドで大きな経済効果が期待される。ビックカメラの今回の動きは、訪日中国人旅行者を日本入国前に囲い込む、あるいは中国人旅行者の訪日を促進するものとして注目される。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【田舎にもっと外貨を!:1】広がる農泊、ビジネスの可能性は?

    【田舎にもっと外貨を!:1】広がる農泊、ビジネスの可能性は?

  2. 【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

    【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

  3. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  6. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  7. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  8. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  9. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  10. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

アクセスランキングをもっと見る

page top