“爆買い”呼び込むビックカメラと春秋グループの提携 画像 “爆買い”呼び込むビックカメラと春秋グループの提携

インバウンド・地域活性

 大手家電量販店のビックカメラは22日、中国・春秋グループとの業務提携と、同グループ傘下の春秋航空日本(Spring Japan)への出資を発表した。

 同グループは中国大手旅行会社の春秋国際旅行社を中心に、春秋航空上海、春秋航空日本、日本春秋旅行などで構成される。今回の業務提携により、春秋国際旅行社で訪日旅行を申し込んだり、春秋航空で訪日する中国人旅行客に対して、ビックカメラの優待クーポン等を優先的に配布・配信することが可能に。また、春秋グループの空港カウンターや機内などにおいてプロモーションも展開される。

 春秋航空はLCCで、現在、春秋航空日本は日本国内で2路線を運航。来年2月には中国内陸部から成田空港への直行便を就航させる予定だ。なお、春秋航空上海は中国・日本間も含む国際線のほか、中国都市間の路線を運航している。

 訪日外国人旅行者の数が年々増加し、中でも中国人はお土産品を大量に購入する“爆買い”に象徴されるようにインバウンドで大きな経済効果が期待される。ビックカメラの今回の動きは、訪日中国人旅行者を日本入国前に囲い込む、あるいは中国人旅行者の訪日を促進するものとして注目される。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. エシカルな「食」が都会と地方を結ぶ!

    エシカルな「食」が都会と地方を結ぶ!

  2. 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

    「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

  3. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

    ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  4. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  5. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  6. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  10. 造幣局東京支局跡地開発、文化交流施設整備事業者を公募

アクセスランキングをもっと見る

page top