東京電力と東京ガス、スマートメーターの活用で共同実験 画像 東京電力と東京ガス、スマートメーターの活用で共同実験

制度・ビジネスチャンス

 東京電力と東京ガスは21日、スマートメーターの活用で共同実証試験を行うことを発表した。2016年1月から、東京電力のスマートメーターシステムを活用し、東京ガスの検針業務の自動化を図る。実験期間は2016年8月までの8ヶ月間。

 東京都小平市の約500戸の住宅において、東京電力のスマートメーター(顧客宅に設置済み)と、東京ガスが新たに設置した試験用ガスメーターを、無線通信で接続。東京電力のスマートメーターシステムを使って、ガスメーターの検針データを取得する通信試験を行い、成功率や所要時間を確認する。

 これにより、検針業務自動化に必要な装置・システムの性能・有効性を検証するのが狙い。東京電力は、2020年度までにすべての顧客宅への設置(約2,700万台)を予定しており、現在約370万台を設置済み。今後は、スマートメーターを活用した新事業のための検討を進めるとのこと。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】ママさん社員のアイデアから生まれた、マカロンレースマスク

    【地方発ヒット商品の裏側】ママさん社員のアイデアから生まれた、マカロンレースマスク

  2. ■ニュース深堀り!■町工場がよみがえるベンチャーとの連携

    ■ニュース深堀り!■町工場がよみがえるベンチャーとの連携

  3. 東京五輪「カヌー・スラローム会場整備」のWTO入札公告へ

    東京五輪「カヌー・スラローム会場整備」のWTO入札公告へ

  4. ESRが千葉県市川市に大型物流施設、コンセプトは「人に優しい設計」

  5. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  6. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  7. 【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?

  8. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  9. 宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

  10. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

アクセスランキングをもっと見る

page top