東京電力と東京ガス、スマートメーターの活用で共同実験 画像 東京電力と東京ガス、スマートメーターの活用で共同実験

制度・ビジネスチャンス

 東京電力と東京ガスは21日、スマートメーターの活用で共同実証試験を行うことを発表した。2016年1月から、東京電力のスマートメーターシステムを活用し、東京ガスの検針業務の自動化を図る。実験期間は2016年8月までの8ヶ月間。

 東京都小平市の約500戸の住宅において、東京電力のスマートメーター(顧客宅に設置済み)と、東京ガスが新たに設置した試験用ガスメーターを、無線通信で接続。東京電力のスマートメーターシステムを使って、ガスメーターの検針データを取得する通信試験を行い、成功率や所要時間を確認する。

 これにより、検針業務自動化に必要な装置・システムの性能・有効性を検証するのが狙い。東京電力は、2020年度までにすべての顧客宅への設置(約2,700万台)を予定しており、現在約370万台を設置済み。今後は、スマートメーターを活用した新事業のための検討を進めるとのこと。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

    NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

  2. 東京の鉄道のこれから、路面電車復活も!?

    東京の鉄道のこれから、路面電車復活も!?

  3. 朝ドラ「べっぴんさん」に見る、うまくいく “両輪経営”

    朝ドラ「べっぴんさん」に見る、うまくいく “両輪経営”

  4. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

  5. 気仙沼市の大島架橋で中央径間の海上作業完了、住民の悲願前進へ

  6. リニア新幹線・第一中京圏トンネル新設西尾工区、競争見積もり手続きを公告

  7. 農商工連携と六次産業化、制度利用をビジネスに活かす/後編

  8. 北越急行ほくほく線「宅配荷物列車」スタート、運転手不足の緩和も

  9. ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に見る“契約”の価値観

  10. 銀座・築地エリアからJR東京駅付近まで新路線、延長へ

アクセスランキングをもっと見る

page top