北陸整備局、伏木富山港の岸壁耐震化現場公開、施工はあおみ建設 画像 北陸整備局、伏木富山港の岸壁耐震化現場公開、施工はあおみ建設

インバウンド・地域活性

 北陸地方整備局は18日、富山県高岡市の伏木富山港で建設が進む耐震強化岸壁工事の現場を公開した。同現場では国内でも珍しい工法を採用しており、高岡市議会議員や同市の技術者らが視察した。
 公開したのは、伏木富山港伏木地区の国際物流ターミナルの既設岸壁(水深14メートル)を耐震強化する改良工事の現場=写真。
 岸壁を使いながらの工事で、船舶や利用者への影響を最小限に抑えるため、国内最大級の径と長さのグラウンドアンカー材を採用し、日本に数台しかない大型の削孔機「ロータリーパーカッション」を使用。施工はあおみ建設が担当している。
 見学者は「地震時には、岸壁本体のケーソンに陸から海の方向に地震力が作用するが、これをグラウンドアンカーの抵抗力により相殺して、耐震性を強化する。アンカー材は長さ約64メートルで重さは約1トンにもなる」といった整備局の技術者の説明に熱心に耳を傾けていた。

北陸整備局/伏木富山港(富山県高岡市)の岸壁耐震化現場公開/施工はあおみ建設

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  2. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

    羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

    【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  4. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  5. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  6. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  7. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  8. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  9. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  10. 神戸港の将来構想発表、国際競争力強化へクルーズ船への対応も

アクセスランキングをもっと見る

page top