【凜】東亜グラウト工業管路メンテグループ技術開発室・平野美礼さん 画像 【凜】東亜グラウト工業管路メンテグループ技術開発室・平野美礼さん

人材

 ◇的確な技術翻訳で現場を支援したい
 カナダの大学を卒業後、地元の神戸市で秘書として勤務していた。結婚を機に東京へ移り、得意の翻訳が生かせる東亜グラウト工業の海外事業部で採用が決まった。今年で入社6年目。現在所属する管路メンテグループは下水管路の調査や洗浄、更生を手掛ける。海外の技術資料やカタログ、メールの翻訳に加え、通訳、管路の更生材料の輸入業務なども任され、忙しい日々を送る。
 「英語が話せれば何とかなると思っていたが、専門用語は日本語で言われても難しい」。図書館で調べたり、先輩や上司に図解してもらいながら的確な技術翻訳に努めているという。初めて日本に入ってくる技術も少なくない。「新工法のマニュアルを訳した後に、現場の技術担当から『手順が分かり工事がうまくいった』と言われるとうれしい」と笑顔を見せる。
 ボールを管内に転がし音を取りながら漏水を発見する「スマートボール・システム」や、管内を氷で洗浄する「アイスピグ管内洗浄工法」など、同社が得意とする海外技術の中には、自身が初めて翻訳を手掛けた技術もあるという。
 「下水道と言うと、あまり良いイメージを持たれないが、快適な暮らしを支える重要インフラ」。身近に感じてもらうため、新聞社が主催する座談会に参加して意見を述べるなど広報活動にも積極的だ。「3歳になる娘と一緒に過ごす時間が一番のリフレッシュ。散歩に出掛けた時、地域で異なるマンホールの絵柄を見付けて楽しんでいる」。
 (ひらの・みれい)

凜/東亜グラウト工業管路メンテグループ技術開発室・平野美礼さん

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. ~社内コミュニケーションの秘訣~初めは遊びでも出口が仕事につながればいい/BFT

    ~社内コミュニケーションの秘訣~初めは遊びでも出口が仕事につながればいい/BFT

  3. 建設産業での担い手確保・育成――担い手3法の本格運用元年、国交省

    建設産業での担い手確保・育成――担い手3法の本格運用元年、国交省

  4. 銀行が変われば、地域も変わるーー持続可能な信金を目指して/横浜信金

  5. 人事担当者は必見! 来年度の就活学生の傾向は○○重視!?

  6. 国交省/建設工事発注機関連絡会が初会合/働き方改革の取り組みなど情報共有

  7. ~HANJO女子~ GINZA SIX再開発プロジェクトの7年間/森ビル・神田春奈さん

  8. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  9. 日本工営が本社ビルに託児所を開設。コンサル業界初!

  10. 事業承継の2017年問題:2 経営改善に取り組むのが先決

アクセスランキングをもっと見る

page top