大阪府、咲洲庁舎の長周期地震動対策検討着手 画像 大阪府、咲洲庁舎の長周期地震動対策検討着手

インバウンド・地域活性

 大阪府は、本年度中に咲洲庁舎(大阪市住之江区南港北)の長周期地震動対策の検討に着手する。
 政府が南海トラフ巨大地震が起きた場合に長周期地震動で予想される超高層ビルの横揺れ幅などを公表したのを受けた対応。庁舎の構造計算を検討・評価するうえで必要な建物構造を単純化する「モデル」を来夏までに作成する。作成業務を本年度中に委託すると共に、モデル作成に向けて専門家の意見を聞く会議も同時期に立ち上げる予定。
 政府の試算によると、最上階が最も長く(5~6秒周期)大きく揺れる最悪のケースでは、咲洲庁舎(256メートル)の横揺れ幅を最大約6メートルとしている。
 咲洲庁舎は、地下3階地上55階建て延べ14万9296平方メートル。東日本大震災発生時(11年3月11日)に、地震の揺れの周期と震源域から770キロも離れた庁舎の固有周期が一致、共振した。幅の大きな揺れが続き、エレベーターの緊急停止と閉じこめが発生したほか壁がひび割れしたり、天井の一部が落下したりした。けが人はいなかった。
 府では、地震による咲洲庁舎の揺れを抑えるため12年度、「大阪府咲洲庁舎長周期地震動対策工事」(設計=日建設計、施工=大林組)に着手。152基の鋼製ダンパーを長辺方向外周部と中心部の76カ所、140基のオイルダンパーを短辺方向外周部の70カ所設置する工事で、13年10月31日に完成した。
 今回の政府の知見に基づく長周期地震対策の検討内容がまとまりしだい府は、必要な追加対策を迅速に実施していく方針だ。

大阪府/咲洲庁舎の長周期地震動対策検討着手/政府の超高層横揺れ推計公表受け

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

    【地方発ヒット商品の裏側】町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  4. 富裕層インバウンドの法則その2

  5. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  6. 【着地型観光:4】アウトドア体験に日本文化の魅力をプラス!

  7. 【ご当地キャラの仕掛人に訊く!】地域マスコットから国民キャラへ――ぐんまちゃん

  8. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  9. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  10. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

アクセスランキングをもっと見る

page top