エンジニアリングVDIによる次世代設計基盤…日産・HP・シーメンスら 画像 エンジニアリングVDIによる次世代設計基盤…日産・HP・シーメンスら

IT業務効率

日産自動車、ヒューレット パッカード エンタープライズ(HPE)とシーメンスAGは12月21日、グローバル開発拠点から高速レスポンスで、車両開発に関わる最新データを常時利用できる、自動車業界初の次世代設計基盤を共同で構築したと発表した。

同設計基盤は、エンジニアリングVDI(デスクトップ仮想化)を採用することで、グローバルでの車両開発の柔軟性と管理の効率化を目指したもので、米国や欧州などで利用を開始した。

エンジニアリングVDIとは、高度なグラフィックス処理に対応した技術で、サーバー上に用意された3次元CADの仮想ワークステーションにアクセスすることで、デスクトップに画面を出力して操作できるシステム。データをサーバー上に集約することで、エンジニアが常時、最新データにアクセスできるなど、運用管理性や利便性を高めるだけでなく、コストの効率化や災害時のリスクマネジメントも可能となる。

日産は、まず日産テクニカルセンターノースアメリカ(NTCNA)、日産テクニカルセンターヨーロッパ(NTCE)の2ヵ所の開発拠点で利用を開始。日産はグローバル拠点におけるCAD業務を、拠点によらず同等にできるとともに、インフラの集約・管理性を高めることで、将来のシステム導入期間やバージョンアップ費用、および運用管理工数を大幅に削減できる見込み。また、同基盤によりグローバルでの車両開発にフレキシブルにシステム対応が可能となるため、今後も順次適用地域を拡大していく予定だ。

日産自動車など3社、グローバル利用での次世代設計基盤を構築

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 旅行、観光に特化!通信不要の音声翻訳機「ili(イリー)」/表参道ストアで体験も

    旅行、観光に特化!通信不要の音声翻訳機「ili(イリー)」/表参道ストアで体験も

  2. サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

    サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

  3. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  4. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:2

  5. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  6. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  7. 大林組がIoTやAI活用のビル管理システムの開発へ、ウェルネス建築の一環

  8. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

  9. 「Maisart~コンパクトなAI技術を推進」三菱電機 柵山社長

  10. ~自社システムを外販する:2~ 開発費を2年で回収、その戦略は?

アクセスランキングをもっと見る

page top