エンジニアリングVDIによる次世代設計基盤…日産・HP・シーメンスら 画像 エンジニアリングVDIによる次世代設計基盤…日産・HP・シーメンスら

IT業務効率

日産自動車、ヒューレット パッカード エンタープライズ(HPE)とシーメンスAGは12月21日、グローバル開発拠点から高速レスポンスで、車両開発に関わる最新データを常時利用できる、自動車業界初の次世代設計基盤を共同で構築したと発表した。

同設計基盤は、エンジニアリングVDI(デスクトップ仮想化)を採用することで、グローバルでの車両開発の柔軟性と管理の効率化を目指したもので、米国や欧州などで利用を開始した。

エンジニアリングVDIとは、高度なグラフィックス処理に対応した技術で、サーバー上に用意された3次元CADの仮想ワークステーションにアクセスすることで、デスクトップに画面を出力して操作できるシステム。データをサーバー上に集約することで、エンジニアが常時、最新データにアクセスできるなど、運用管理性や利便性を高めるだけでなく、コストの効率化や災害時のリスクマネジメントも可能となる。

日産は、まず日産テクニカルセンターノースアメリカ(NTCNA)、日産テクニカルセンターヨーロッパ(NTCE)の2ヵ所の開発拠点で利用を開始。日産はグローバル拠点におけるCAD業務を、拠点によらず同等にできるとともに、インフラの集約・管理性を高めることで、将来のシステム導入期間やバージョンアップ費用、および運用管理工数を大幅に削減できる見込み。また、同基盤によりグローバルでの車両開発にフレキシブルにシステム対応が可能となるため、今後も順次適用地域を拡大していく予定だ。

日産自動車など3社、グローバル利用での次世代設計基盤を構築

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

    【地方発ヒット商品の裏側】破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  2. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

    【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  3. 駅名標やキャラクターと一緒に撮影…阪急電鉄が公式アプリ配信

    駅名標やキャラクターと一緒に撮影…阪急電鉄が公式アプリ配信

  4. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  5. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  6. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  7. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  8. 【今流スマホ予約・前編】“スマホ→即予約”が外食を変える!?

  9. 山岳トンネル補助の新工法登場、水使わず鉄矢木を機械打設!

  10. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(整備・点検編)

アクセスランキングをもっと見る

page top