栄養豊富なパックご飯「金芽ロウカット玄米ごはん」 画像 栄養豊富なパックご飯「金芽ロウカット玄米ごはん」

ライフ

 東洋ライス(本社=東京都中央区、雑賀慶二代表取締役社長)は、わずか2分で食べられる「金芽ロウカット玄米ごはん」を開発、販売を開始した。
 同社では今年3月に玄米を食べやすくした「金芽ロウカット玄米」を発売したが、本商品は水加減や製造方法などに工夫を凝らし、おいしさをそのままに便利なパックご飯にした。
 玄米は白米に比べてミネラル、ビタミン、食物繊維といった栄養価が豊富なことは知られているが、食べにくく、炊飯の手間がかかることから、広く普及していなかった。
 この原因となっているのが玄米表面を覆っている「蝋(ロウ)層」で、玄米の栄養成分を減らさない独自の加工技術を用いて、この蝋層のみを均等に除去。玄米の欠点をなくしたコメ商品「金芽ロウカット」を、レンジアップするだけで手軽に食べられるようにした。
 12月1日に都内で行われた記者発表会では、雑賀社長や阪本哲生副社長が商品の概要を説明したほか、料理研究家の小田直子さんが、本商品を使って簡単に調理できる「玄米カレーグラタン」や「豚生姜焼き玄米おにぎらず」の二品を実際に調理して見せた。
 同社では、バランスの取れた食事に悩むOLの仕事の合間、空腹に悩む学習塾に通う学生の休み時間など、時間がない中でも栄養価のあるものを食べたいといったニーズに応えられる商品として、人々の健康増進や時短化に貢献していきたいとしている。
 なお新商品のPRキャンペーンとして、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の事業所のOLに向けて、玄米レシピとともに5万食のサンプル提供を行う予定だ。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 居酒屋などで飲み物を注文しない客はマナー違反? どう対処する?

    居酒屋などで飲み物を注文しない客はマナー違反? どう対処する?

  2. 建築学会シンポ「スタジオジブリ・宮崎吾郎氏に聞く」/記憶と創造で生まれるオリジナリティー

    建築学会シンポ「スタジオジブリ・宮崎吾郎氏に聞く」/記憶と創造で生まれるオリジナリティー

  3. 1月23日は「算額文化を広める日」、23日に東大寺で式典

    1月23日は「算額文化を広める日」、23日に東大寺で式典

  4. 個人消費は回復したのか……消費者態度指数調査

  5. シスメックス「うつ病の検査システム」を開発、実用化目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top