JR東海、リニア本線南アルプストンネル山梨工区の難工事着工 画像 JR東海、リニア本線南アルプストンネル山梨工区の難工事着工

インバウンド・地域活性

 JR東海が東京(品川)~名古屋間で2027年開業を目指して進めるリニア中央新幹線の建設で、初の本線工事となる「南アルプストンネル」(延長約25キロ)の山梨工区が着工した。18日に関係者による安全祈願が山梨県早川町の現地で行われた。施工は大成建設・佐藤工業・錢高組JVが担当。土かぶりが1000メートルを超す区間を含む難工事を、事業者や施工者、地元関係者が協力・連携しながら進め、早期の完成を目指す。
 リニア中央新幹線の東京~名古屋間(延長286キロ)のうち、実験線区間を除いた本線の建設工事は南アルプストンネルが先行して進められる。
 同トンネルは山梨・静岡・長野の3県にまたがり、標高3000メートル級の山岳地帯を貫いて構築される。施工区間では土かぶりが最大1400メートルに達し、高圧の湧水や破砕帯によるリスクも見込まれるなど高度な施工・管理技術が要求される。
 初弾発注となった山梨工区(本線トンネルの施工延長約7・7キロ)は東側(東京側)区間に当たる。工事内容はNATMによる本線トンネル(幅約13メートル)とその他先進坑、非常口などの建設で、早川町内の非常口(早川、広河原)から本線に向かう斜坑を掘り進め、本線トンネルの掘削に入る。
 大成JVは今後、事前調査で試掘が行われた早川非常口の準備工を進め、16年3月には斜坑の掘削に取り掛かる。広河原非常口の準備工に16年1月、斜坑掘削には同年8月ごろに着手。本線トンネルの掘削は16年秋ごろに始まる見通しだ。
 南アルプストンネルでは、山梨工区に続いて西側(名古屋側)の長野工区(本線トンネルの施工延長約8・4キロ)の施工者を選定する手続きが進んでおり、15年度中にも決まる。両工区に挟まれた静岡区間については、大井川の水環境保全対策(導水路トンネルなど)が固まり、事業化に向けた手続きに入っている。
 本線着工に当たり、石井啓一国土交通相は同日の閣議後の記者会見で、「南アルプストンネルは高難度の工事。国交省としては地元の理解を得ながら、環境保全に努め、安全かつ確実に工事を進めてもらいたい」と述べた。

JR東海/リニア本線着工/南アルプストンネル山梨工区、土かぶり1千米超の難工事

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

    越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

  3. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

    【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

  7. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  8. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  9. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  10. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top