1次エネルギー収支ゼロのビル、普及に向け経産省がガイドライン 画像 1次エネルギー収支ゼロのビル、普及に向け経産省がガイドライン

インバウンド・地域活性

 経済産業省資源エネルギー庁は17日、建物単体で正味の1次エネルギー収支ゼロを達成する「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」の実現と普及に向けたロードマップを発表した。18年度までに設計ガイドラインを策定。ZEBの低コスト化・高機能化に向けた技術開発を来年度に始める。時期は明示していないが、不動産、設計、ゼネコンなどの各業界団体がそれぞれZEB普及の目標を設定することも盛り込んだ。
 政府は、2020年までに新築公共建築物で、30年までには新築建築物の平均でZEBを実現する目標を設定している。同庁は実現に向けて検討委員会を設置し、ロードマップの策定作業を進めてきた。
 まず、ZEBの定義を「再生可能エネルギーを除き、50%以上の一次エネルギー消費量を削減」し、さらに「再生可能エネルギーを加えて、100%以上の一次エネルギー消費量を削減」している建築物と定めた。
 建物の用途や規模、地域によってZEB実現の難易度が異なる点にも留意。さまざまな条件に応じてZEBを実現する実証事業を行い、その成果を踏まえて設計ガイドラインを作成する。実証事業へのテナントの理解を得るため、国からの補助金で賃料を下げるといった取り組みも必要だとした。
 普及のネックとなるコストの低減や、さらなる省エネルギー化も進めるため、技術開発も18年度までを目標期限に設定し加速させる。技術開発では、設備の高効率化に加え、外部環境に起因する熱負荷を低減させる技術にも重点を置く。
 業界団体などには、ZEBに対応した技術者育成に取り組んでもらう。建築主やテナントに対してアドバイスや提案を行うコーディネーターも養成する。
 新築公共建築物のZEB化も加速。学校や官庁施設での実証事業を充実させることを検討する。

経産省/ZEB工程表策定/18年度までに設計指針、業界団体ごとに普及目標

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】究極の白醤油を世界へ――「足助仕込 三河しろたまり」日東醸造

    【地方発ヒット商品の裏側】究極の白醤油を世界へ――「足助仕込 三河しろたまり」日東醸造

  4. 横浜市市庁舎移転新築が起工、デザイン監修は槇文彦氏

  5. 泉岳寺周辺地区再開発、「泉岳寺」も専門アドバイザーとして参加!

  6. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  7. 大阪・うめきたの支線地下化・新駅設置でインバウンド加速へ!

  8. お茶産地PR、体験型「お茶ツーリズム」など注目のインバウンド策!

  9. 武蔵野会朝霞台中央総合病院、移転建替が起工、施工は清水建設

  10. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

アクセスランキングをもっと見る

page top