本日の新聞から:スズキ鈴木修会長が語る「モノづくりの気概」 画像 本日の新聞から:スズキ鈴木修会長が語る「モノづくりの気概」

マネジメント

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2015年12月21日付

●2015年読者が選んだ海外10大ニュース(読売・20面)

●走行距離長く電動自転車パナソニックサイクルテック(毎日・8面)

●戦後70年甦る経済秘史、そして未来の糧に、スズキ会長・鈴木修さん、行動、挑戦のサイクル回す(東京・12面)

●笹子訴訟あす判決、「トンネル点検不足認めて」(東京・27面)

●走行車を襲撃男性死亡、名古屋、2台で挟み撃ち、暴行(日経・39面)


ひとくちコメント

読売が実施した年末恒例の読者が選んだ2015年の「10大ニュース」が決まった。「日本」と「海外」編を2日間に分けて掲載しているが、国内の1位は「ノーベル賞に大村、梶田両氏」、2位が「ラグビーW杯、日本は3勝の歴史的快挙」。 3位には「『イスラム国』が日本人2人を拘束」と続く。

ほかにベスト30のなかには7位に「北陸新幹線、長野-金沢間が開業」、9位に「TPP、日米など12か国で大筋合意」、18位には「国産初のジェット旅客機、初飛行成功」、24位に「首相官邸にドローン落下」なども選ばれた。

一方、きょうの「海外」編では、1位が「パリで同時テロ。『イスラム国』の犯行」、2位が「ネパールで大地震、約9000人死亡」、3位が「米国とキューバが54年ぶり国交回復」が選ばれている。

さらに、4位以下では、「独フォルクスワーゲンが排ガス規制不正」が6位に入り、14位には「中国・天津の化学物質倉庫」などと、日本の自動車メーカーにも影響を与えた事故、事件も話題を集めた。

10大ニュースはともかく、2015年の今年は、戦後70年の節目の年でもあった。その関連の特集企画も多かったが、東京は「甦る経済秘史」を連載してきた。きょうは「総集編」の「技と創意の『モノ語り』」として、タカラ創業者の佐藤安太氏、スズキの鈴木修会長、元大蔵省財務官の行天豊雄氏の長老3人の秘史を取り上げている。

このうち、鈴木会長は「モノづくりの気概」について、軽自動車とともに歩んだヒストリーを“オサム節”で伝えているのが興味深い。

「振り返ると、僕の場合は、預かった会社を次へ受け渡す義務感があって。社業の発展に、がむしゃらに努力してきた。そしたら運とツキが向いてきた。どんな経営者も同じで、一生懸命に行動、挑戦するサイクルを回すのが大切と思うね」と。

【新聞ウォッチ】戦後70年の経済秘史、スズキ鈴木修会長が語る「モノづくりの気概」

《福田俊之》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 日建連「生産性向上推進本部」設置を報告、業界の牽引役期待

    日建連「生産性向上推進本部」設置を報告、業界の牽引役期待

  2. KDDIの電力小売事業「auでんき」来春スタート

    KDDIの電力小売事業「auでんき」来春スタート

  3. 西松建設と岩野物産、トンネル覆工コンクリートの養生工法で「給水タイプ」実用化

    西松建設と岩野物産、トンネル覆工コンクリートの養生工法で「給水タイプ」実用化

  4. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  5. 自動車産業、今後20年の5つの課題――エネルギー・人口問題が先進国・新興国に与える影響

  6. 製造業の求人平均時給、7月は1100円、21カ月連続プラス

  7. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

  8. 日建連の国際フォーラム、外国人受け入れベストプラクティス表彰

  9. 新車購入後、初期不具合がもっとも低いブランドは?…2015年JDパワー調査

  10. 「マイナンバー制度」対応、中小企業の準備完了は1.3%

アクセスランキングをもっと見る

page top