超高層ビルの横揺れ、南海トラフ地震で最大6mに? 政府初調査 画像 超高層ビルの横揺れ、南海トラフ地震で最大6mに? 政府初調査

インバウンド・地域活性

 政府は17日、南海トラフ巨大地震が起きた場合に長周期地震動で予想される超高層ビル(高さ60メートル以上)の横揺れ幅と往復時間の推計を初めて公表した。最上階が最も長く(5~6秒周期)大きく揺れる最悪のケースでは、大阪市住之江区にある大阪府の咲洲庁舎(256メートル)の横揺れ幅を最大約6メートル、同阿倍野区にある国内最高層ビルのあべのハルカス(300メートル)の横揺れ幅を約3メートルと予測。東京23区内にある高さ200~300メートル級のビルも約2~3メートル揺れると推計した。
 国土交通省は推計結果を踏まえ、近く超高層ビルの構造設計の大臣認定制度を見直す。
 今回の推計結果は、南海トラフ地震と同じ海溝型地震の東日本大震災で起きた長周期地震動で、震源から遠い首都圏にある超高層ビルが大きく揺れ、天井などの非構造部材の落下や家具の転倒などが多発したことを教訓に、地方自治体や民間のビル管理者に適切な対策を促す目的でまとめた。
 超高層ビルの揺れの推計は、まず南海トラフ地震で想定される長周期地震動のモデルとして、1700年代以降に実際に南海トラフ沿いを震源にして起きた五つの地震と、これらの地震をすべて組み合わせた仮定の地震の計6パターンを設定して行った。このうち、ビルの最上階が最も長い5~6秒周期で大きく揺れる最悪のケースは、仮定の地震を想定して推計を行っている。
 最悪のケースでは、3大都市圏(東京、大阪、名古屋)に集中する高さ200~300メートル級のビルは最上階に、おおむね2メートルを超す大きな横揺れが生じるとみている。
 横揺れ幅は、大阪府咲洲庁舎がある大阪湾岸エリア(大阪市住之江区)の埋め立て地で最大約6メートル、あべのハルカスなど同程度の高さのビルが多数ある大阪市阿倍野、北、港の各区(沿岸部以外)では約3メートルと予測。同程度の高さのビルが約30棟ある東京都23区では約2~3メートル、高さ200メートル以上のビルの建設ラッシュとなっている名古屋駅前の名古屋市中村区では約2メートルと推計した。
 政府は、今回の推計で超高層ビル本体の被害想定は行っていないが、これまでに文部科学省が行ってきた実験の結果などを根拠に、最悪のケースの長周期地震動が起きても、ビルの倒壊にまで至らないとみている。
 今回の推計結果を受けて大阪府は、11年度から集中的に対策工事を進めてきた咲洲庁舎の長周期地震動対策について、来夏までに再検討を行う方針だ。東京都は、11月にまとめた国土強靱(きょうじん)化地域計画の素案に、都庁舎(新宿区)への制震装置の設置を進めることを盛り込んでいる。
 国交省は近く、超高層ビルの構造設計の大臣認定制度を見直す。構造設計の前提となる長周期地震動の波形について、現在は建築主が自由に選択できることになっているが、今回の推計結果を踏まえて波形を新たに作成し、固定化する方針だ。

超高層ビルの横揺れ初推計/政府、南海トラフ長周期地震動で/大阪湾岸で最大6mに

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

    リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  5. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  6. 西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

  7. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  8. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  9. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  10. 東京23区内の2016年度大規模開発、都心部で活況続く!

アクセスランキングをもっと見る

page top