遊休農地対策、太陽光発電への転用活性化も 画像 遊休農地対策、太陽光発電への転用活性化も

インバウンド・地域活性

 遊休農地の固定資産税を2017年度から1.8倍に引き上げる方向で議論が進むなか、その活用ビジネスが活性化している。中でも注目されているのが発電事業だ。

 スマート電化・太陽光発電事業を行っているリベラルソリューションでは、太陽光発電による売電ビジネスへの遊休農地の転用を促進している。2014年には21件だった転用事例が、2015年は48件と増加傾向だ。

 農業従事者は年々数が減るとともに、高齢化が進んでいる。リベラルソリューションはこうした高齢農家の持つ遊休農地をターゲットのひとつとして、発電設備の設置を進めている。

 遊休農地は農業収入が得られないが固定資産税がかかるため、所有するだけでコストが発生する。太陽光発電設備の導入により、赤字だった農地を黒字化した農家もいるという。

 土地の整備を行うことが難しい高齢農家に対しては、無償で草刈りや設備掃除といった農地活用サポートを行うことも、転用拡大を促進する一因となっているようだ。同社では今後も農地転用による太陽光発電設備拡大を図っていくという。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

    畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  2. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

    日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  3. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  4. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  5. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. キッチンマットに「い草」、開発ヒントは“不満”!?

  8. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  9. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  10. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

アクセスランキングをもっと見る

page top