遊休農地対策、太陽光発電への転用活性化も 画像 遊休農地対策、太陽光発電への転用活性化も

インバウンド・地域活性

 遊休農地の固定資産税を2017年度から1.8倍に引き上げる方向で議論が進むなか、その活用ビジネスが活性化している。中でも注目されているのが発電事業だ。

 スマート電化・太陽光発電事業を行っているリベラルソリューションでは、太陽光発電による売電ビジネスへの遊休農地の転用を促進している。2014年には21件だった転用事例が、2015年は48件と増加傾向だ。

 農業従事者は年々数が減るとともに、高齢化が進んでいる。リベラルソリューションはこうした高齢農家の持つ遊休農地をターゲットのひとつとして、発電設備の設置を進めている。

 遊休農地は農業収入が得られないが固定資産税がかかるため、所有するだけでコストが発生する。太陽光発電設備の導入により、赤字だった農地を黒字化した農家もいるという。

 土地の整備を行うことが難しい高齢農家に対しては、無償で草刈りや設備掃除といった農地活用サポートを行うことも、転用拡大を促進する一因となっているようだ。同社では今後も農地転用による太陽光発電設備拡大を図っていくという。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  2. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

    地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  3. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

    ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  4. 相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

  5. 地方創生のカギをにぎる「プロ人材マッチング」/第3回 成功へのシナリオ(事例編)

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. 名古屋市、リニア駅周辺まちづくりの方向性案公表/“広場”が中心にあるまち

  9. JR宇都宮駅東口地区整備方針/コンベンション施設や商業施設整備を

  10. インバウンド、いますぐおさえるべきポイントは何か?/インバウンド・観光ビジネス総合展

アクセスランキングをもっと見る

page top