建設コンサルの長大、働き方改革めざしワーキンググループ設置 画像 建設コンサルの長大、働き方改革めざしワーキンググループ設置

人材

 長大は、長時間労働の解消、ワークライフバランス(WLB=仕事と家庭の調和)の推進など働き方改革の具体策を話し合う五つのワーキンググループ(WG)を社内に設置した。人事考課、勤務体系、働き方支援、意識改革の4分野で具体的な施策をまとめ、経営シミュレーションを行った上で、16年10月から実行に移す考えだ。
 同社は、男女の区別なく能力を発揮してもらえる仕組みづくりや、長時間労働の解消など社員の活力を向上させるための取り組みが必要と判断。働き方を選択できる組織づくりの検討を進めるため、昨年に「新たな人事施策を考える委員会」を発足。女性の活躍促進、介護支援策、長時間勤務解消、高齢者雇用制度の再検討を話し合う四つのWGを設けて対応案を検討。その結果、このほど74施策が挙がった。
 新たに設置したWGは、▽評価・考課制度▽雇用・勤務制度▽勤務体系・働き方支援▽研修・啓発制度▽経営シミュレーション-の五つで、74施策を踏まえて実行策を検討する。勤務体系・働き方支援WGでは、女性の出産・育児を支える制度や、休職後に復帰する場合の働き方モデルをつくる。研修・啓発制度WGでは、社員の働き方に対する意識変革を促すための研修制度や情報提供などの仕組みの検討を進める。
 各WGが各種施策の運用に向けた規則や制度などを立案した上で、各種制度などを導入した場合の影響を分析する経営シミュレーションを実施。抽出した課題の改善を経て実行に移していく。

長大/働き方改革で5WG新設/勤務体系や支援策など検討

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. 事業承継と親族後継者の「学び」

    事業承継と親族後継者の「学び」

  3. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

    国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  4. 【サテライトオフィスの利点:3】働き方改革をこの場所でトライする!

  5. 迫る中小経営者の大量引退時代。廃業ラッシュは食い止められるか?

  6. 【社歌コン 応募社の横顔:27】ラッパー社員、社訓を歌う-東京のIT企業

  7. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  8. 【時事エッセイ】仮説トイレだって快適にして欲しい

  9. 国交省人事、航空局長に佐藤善信氏、観光庁長官は田村明比古氏

  10. ゼネコン女性交流会、赤坂一丁目地区再開発工事現場で見学会

アクセスランキングをもっと見る

page top