Amazonで国産新車が買える…オリックスのカーリース 画像 Amazonで国産新車が買える…オリックスのカーリース

マネジメント

Amazonは、オリックス自動車の出品によるカーリースの取り扱いを12月18日より開始する。取扱車種は国産の新車および走行距離5000km以下の中古車で、Amazonにとって国産新車の取り扱いは初めてとなる。

Amazonでは、2009年10月に「カー&バイク用品ストア」をオープンし、現在、約700万点のカー・バイク用品のほか、パーツの交換・取付サービスも取り揃えている。さらに、2014年6月には車体購入に必要な価格の総額をワンプライスにした中古車を、また2015年4月には電気自動車をラインナップに加え、オンラインから車を注文できる環境を提供してきた。

今回Amazonは、国産新車の取り扱いを開始することで、安心かつ手軽に車のオンラインショッピングを楽しめるようにするとともに、毎月の一定金額の支払いで利用可能なカーリースにより、購入しやすい価格の提供を目指す。なお、オリックス自動車のカーリースでは、新車、中古車ともに9年のリース契約満了後、希望により、車の所有権を取得することも可能となっている。

Amazonでは、今回の取扱開始を記念して、2016年1月31日まで、契約者にAmazonポイントやポータブルナビをプレゼントするキャンペーンを実施する。

Amazon、国産新車の取り扱いを開始…オリックス自動車がカーリース商品を出品

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

    コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

  2. 日本サービス大賞、野中委員長に聞く…賞のねらいと活動内容

    日本サービス大賞、野中委員長に聞く…賞のねらいと活動内容

  3. 経営者の9割がTPP大筋合意を評価…「構造改革の促進」に期待

    経営者の9割がTPP大筋合意を評価…「構造改革の促進」に期待

  4. 見えてきたドコモのV字回復、増益支える鍵は?

  5. 地方を水素供給基地にするジャパンブルーエナジーに先行投資した企業とは?

  6. ジョンソン日立空調が始動、売上規模5250億円を目標

  7. 風力発電「コスト8-9円」は実現可能…技術革新で大幅減

  8. 超小型モビリティでまちおこし・新規事業を――国交省が補助金事業を公募

  9. 新車購入後、初期不具合がもっとも低いブランドは?…2015年JDパワー調査

  10. ブラック企業の定義は? 意外にも「○○な企業」はブラックではない!?

アクセスランキングをもっと見る

page top