Amazonで国産新車が買える…オリックスのカーリース 画像 Amazonで国産新車が買える…オリックスのカーリース

マネジメント

Amazonは、オリックス自動車の出品によるカーリースの取り扱いを12月18日より開始する。取扱車種は国産の新車および走行距離5000km以下の中古車で、Amazonにとって国産新車の取り扱いは初めてとなる。

Amazonでは、2009年10月に「カー&バイク用品ストア」をオープンし、現在、約700万点のカー・バイク用品のほか、パーツの交換・取付サービスも取り揃えている。さらに、2014年6月には車体購入に必要な価格の総額をワンプライスにした中古車を、また2015年4月には電気自動車をラインナップに加え、オンラインから車を注文できる環境を提供してきた。

今回Amazonは、国産新車の取り扱いを開始することで、安心かつ手軽に車のオンラインショッピングを楽しめるようにするとともに、毎月の一定金額の支払いで利用可能なカーリースにより、購入しやすい価格の提供を目指す。なお、オリックス自動車のカーリースでは、新車、中古車ともに9年のリース契約満了後、希望により、車の所有権を取得することも可能となっている。

Amazonでは、今回の取扱開始を記念して、2016年1月31日まで、契約者にAmazonポイントやポータブルナビをプレゼントするキャンペーンを実施する。

Amazon、国産新車の取り扱いを開始…オリックス自動車がカーリース商品を出品

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 中小企業間でも格差拡大、課題は人材――中小企業白書分析

    中小企業間でも格差拡大、課題は人材――中小企業白書分析

  2. 会社の跡継ぎ、事業の引受先が見つからない!? 神奈川県に事業引継ぎ支援センター開設

    会社の跡継ぎ、事業の引受先が見つからない!? 神奈川県に事業引継ぎ支援センター開設

  3. 国交省、「担い手3法」の取り組み状況をHPで紹介

    国交省、「担い手3法」の取り組み状況をHPで紹介

  4. 見えてきたドコモのV字回復、増益支える鍵は?

  5. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  6. ママの仕事探し、「週2日」などに加えて○○の存在も人気

  7. 五輪会場の幕張メッセ、イベント業者・中小企業に打撃

  8. TPPをチャンスに! 「中小企業輸出支援ハンドブック」発行

  9. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

アクセスランキングをもっと見る

page top