CO2ゼロの電動バイク、「世界に挑戦するベンチャー」最優秀に 画像 CO2ゼロの電動バイク、「世界に挑戦するベンチャー」最優秀に

インバウンド・地域活性

 トーマツベンチャーサポートと野村證券が毎週木曜日の朝7時から開催しているスタートアップ・ベンチャーのピッチイベント「Morning Pitch(モーニングピッチ)の年末スペシャルイベントが17日に東京・豊洲で開かれた。

今回のテーマは「世界に挑戦するベンチャー企業」で7社がプレゼンテーションに挑んだ。
(1)全自動洗濯物折り畳み機「セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ」
(2)世界初の生体認証決済サービス「Liquid(リキッド)」
(3)触感型VRコントローラ「H2L(エイチ・ツー・エル)」
(4)人工知能によるがん診断支援ソフトウエア「エルピクセル」
(5)CO2排出ゼロを実現した電動バイク「テラモーターズ」
(6)産業機械全般を扱うオンラインマーケットプレイス「SORABITO(ソラビト)」
(7)超小型衛星で民間主導の宇宙利用を推進「アクセルスペース」

 最優秀賞にはテラモーターズが選ばれた。徳重徹代表は「今年ようやく売上高30億円になる。2020年には1000億円を目指す」と宣言した。またオーディエンス賞はH2Lが選ばれた。

 モーニングピッチは13年から始まり現在まで130回以上を開催、累計600以上のベンチャーが登壇した。その中から大企業などとの事業提携が100以上実現している。

 昨年、年末スペシャルの最優秀賞に輝いた日本環境設計の岩元美智彦代表も特別講演した。日本環境設計はバック・トゥ・ザ・フューチャーの「デロリアン」を走らせメディアでも大きな話題になった。

「Morning Pitch」スペシャル。世界で最も輝けそうなベンチャーは!?

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  3. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  4. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 自動化できない「曲げ寸法公差1mm」を実現するハンマー職人

  8. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  9. 富裕層インバウンドの法則その1

  10. 大阪、2025年の万博候補地を夢洲に集約。カジノを含む統合型リゾートも

アクセスランキングをもっと見る

page top