世界農業遺産に岐阜、和歌山、宮崎の3地域

インバウンド・地域活性

 国連食糧農業機関(FAO)が次世代に受け継がれるべき伝統的な農業地域として認定する「世界農業遺産」に、岐阜県長良川上中流域、和歌山県みなべ・田辺、宮崎県高千穂郷・椎葉山の3地域が、新たに選ばれた。
 長良川上中流域は、アユを中心とした内水面漁業が盛んで、豊かな里川のシステムを維持している。みなべ・田辺地域は、斜面の崩落を防ぎながら高品質な梅を持続的に生産する仕組みを構築。高千穂郷・椎葉山地域は、多様な森林による木材生産と棚田における稲作、茶やシイタケの生産などを組み合わせた複合的な農林業に取り組んでいる。

 国内で認定を受けた世界農業遺産は、2011年の新潟県佐渡など5地域あり、今回で合わせて8地域となる。

世界農業遺産に認定 岐阜、和歌山、宮崎の3地域

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  3. 乗降客が順調な伸び、富士山静岡空港の増築・改修が起工

    乗降客が順調な伸び、富士山静岡空港の増築・改修が起工

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  6. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  7. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

  8. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. 横浜、相模原両市でポスト五輪2大プロ/計画実現の胎動強まる

アクセスランキングをもっと見る

page top