世界農業遺産に岐阜、和歌山、宮崎の3地域

インバウンド・地域活性

 国連食糧農業機関(FAO)が次世代に受け継がれるべき伝統的な農業地域として認定する「世界農業遺産」に、岐阜県長良川上中流域、和歌山県みなべ・田辺、宮崎県高千穂郷・椎葉山の3地域が、新たに選ばれた。
 長良川上中流域は、アユを中心とした内水面漁業が盛んで、豊かな里川のシステムを維持している。みなべ・田辺地域は、斜面の崩落を防ぎながら高品質な梅を持続的に生産する仕組みを構築。高千穂郷・椎葉山地域は、多様な森林による木材生産と棚田における稲作、茶やシイタケの生産などを組み合わせた複合的な農林業に取り組んでいる。

 国内で認定を受けた世界農業遺産は、2011年の新潟県佐渡など5地域あり、今回で合わせて8地域となる。

世界農業遺産に認定 岐阜、和歌山、宮崎の3地域

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  3. ■ニュース深掘り!■東京再開発に見る中小のビジネス機運

    ■ニュース深掘り!■東京再開発に見る中小のビジネス機運

  4. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  5. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  6. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  8. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top