ソニー、AR開発キット外販へ 画像 ソニー、AR開発キット外販へ

IT業務効率

 ソニーデジタルネットワークアプリケーションズは17日、ソニーの統合型拡張現実感技術「SmartAR」を使い、独自アプリケーションを作成するためのSDK(ソフトウェア開発キット)「SmartAR SDK」を、販売することを発表した。

 「SmartAR」技術は、ソニーグループを中心とした企業に提供されていたが、今回サイバネットシステムを通して、2016年1月より外部に対しても販売を開始する。

 「SmartAR」は、従来のAR技術で必要とされた、特定パターン画像(マーカー)が不要な“マーカーレスAR”であるのが特徴。画像の認識をトリガーとして仮想画像の合成を行うことができる。また、独自開発の高速画像処理エンジンにより、スマホなどでも追従性が高く、画像のずれによる違和感を低減している。

 対応プラットフォームはiOS、Android、Unity、Windows。

ソニーのARアプリ開発キット「SmartAR SDK」、グループ外にも提供へ

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  2. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(整備・点検編)

    すばらしきドローン 現場はこう変わった!(整備・点検編)

  3. 【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

    【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

  4. PCとスマホだけで受注・配車・運行管理・請求まで――軽トラ便、バイク便、個人トラック事業者向けクラウドサービス

  5. トンネル切羽地質の自動評価システム、AIの画像認識技術を活用

  6. 国交省・森昌文技監「既にオープンイノベーションの動きは始まっている」

  7. 「一人負け」状態のタクシー業界、ITとの組み合わせで激変できるか?

  8. ~動画PRの成功術:6~集客の先にある“企業価値の向上”

  9. 送電線点検にもドローンが活躍!四国電力で研究プロジェクトもスタート

  10. シャープ「ロボホン」にWi-Fi専用モデル/ビジネスプレミアムプランも提供

アクセスランキングをもっと見る

page top