ソニー、AR開発キット外販へ 画像 ソニー、AR開発キット外販へ

IT業務効率

 ソニーデジタルネットワークアプリケーションズは17日、ソニーの統合型拡張現実感技術「SmartAR」を使い、独自アプリケーションを作成するためのSDK(ソフトウェア開発キット)「SmartAR SDK」を、販売することを発表した。

 「SmartAR」技術は、ソニーグループを中心とした企業に提供されていたが、今回サイバネットシステムを通して、2016年1月より外部に対しても販売を開始する。

 「SmartAR」は、従来のAR技術で必要とされた、特定パターン画像(マーカー)が不要な“マーカーレスAR”であるのが特徴。画像の認識をトリガーとして仮想画像の合成を行うことができる。また、独自開発の高速画像処理エンジンにより、スマホなどでも追従性が高く、画像のずれによる違和感を低減している。

 対応プラットフォームはiOS、Android、Unity、Windows。

ソニーのARアプリ開発キット「SmartAR SDK」、グループ外にも提供へ

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  3. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  4. 西松建設、現場管理にウェアラブルグラス活用/ハンズフリーで作業効率化

  5. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

  6. 飲食店の皆さん、棚卸しをしていますか? 棚卸しをする大事な3つの理由

  7. リニア新幹線に向けて回転水平多軸式連続壁機を開発!

  8. ~ポストものづくり時代:5~低成長時代に生き残る戦略

  9. 脱炭素モデルタウン構築へ、エネルギー分野での実証を開始

  10. バーチャルリアリティ(VR)ってなんだ?

アクセスランキングをもっと見る

page top