ソニー、AR開発キット外販へ 画像 ソニー、AR開発キット外販へ

IT業務効率

 ソニーデジタルネットワークアプリケーションズは17日、ソニーの統合型拡張現実感技術「SmartAR」を使い、独自アプリケーションを作成するためのSDK(ソフトウェア開発キット)「SmartAR SDK」を、販売することを発表した。

 「SmartAR」技術は、ソニーグループを中心とした企業に提供されていたが、今回サイバネットシステムを通して、2016年1月より外部に対しても販売を開始する。

 「SmartAR」は、従来のAR技術で必要とされた、特定パターン画像(マーカー)が不要な“マーカーレスAR”であるのが特徴。画像の認識をトリガーとして仮想画像の合成を行うことができる。また、独自開発の高速画像処理エンジンにより、スマホなどでも追従性が高く、画像のずれによる違和感を低減している。

 対応プラットフォームはiOS、Android、Unity、Windows。

ソニーのARアプリ開発キット「SmartAR SDK」、グループ外にも提供へ

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス業のIT利用最前線!9  20万円以下で賃貸住宅のIoT化/ロボットホーム

    サービス業のIT利用最前線!9 20万円以下で賃貸住宅のIoT化/ロボットホーム

  2. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

    2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  3. ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

    ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  4. 西松建設がインフラ監視クラウドシステム開発、省電力LPWAとIoT活用

  5. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  6. サービス業のIT利用最前線!8 子どもの表現をITで助ける/あすみ福祉会

  7. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  8. サービス業のIT利用最前線!5 NECが進化させる“おもてなし”プロダクト体験

  9. ドローンの次は小型無人航空機(UAV)! 速く、長く飛行

  10. カナモトら3社、建機の人型操作ロボット開発! 危険地域でも作業可能に

アクセスランキングをもっと見る

page top