ソニー、AR開発キット外販へ 画像 ソニー、AR開発キット外販へ

IT業務効率

 ソニーデジタルネットワークアプリケーションズは17日、ソニーの統合型拡張現実感技術「SmartAR」を使い、独自アプリケーションを作成するためのSDK(ソフトウェア開発キット)「SmartAR SDK」を、販売することを発表した。

 「SmartAR」技術は、ソニーグループを中心とした企業に提供されていたが、今回サイバネットシステムを通して、2016年1月より外部に対しても販売を開始する。

 「SmartAR」は、従来のAR技術で必要とされた、特定パターン画像(マーカー)が不要な“マーカーレスAR”であるのが特徴。画像の認識をトリガーとして仮想画像の合成を行うことができる。また、独自開発の高速画像処理エンジンにより、スマホなどでも追従性が高く、画像のずれによる違和感を低減している。

 対応プラットフォームはiOS、Android、Unity、Windows。

ソニーのARアプリ開発キット「SmartAR SDK」、グループ外にも提供へ

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  2. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  3. 「ラー麦女子部」が活躍中!ところで、ラー麦って何?

    「ラー麦女子部」が活躍中!ところで、ラー麦って何?

  4. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  5. NECが土砂斜面の崩壊危険性「見える化」システムを発売

  6. 【ポストものづくり時代:1】伝統工芸を現在とシンクロさせる

  7. トヨタの考える次世代タクシーとは? 今年発売予定

  8. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  9. 豊田自動織機と日東工業、PHV/EV対応のハイブリッド充電設備開発

  10. 今秋から川崎市で「橋梁点検ロボット」の動作実験がスタート

アクセスランキングをもっと見る

page top