日本通運、ミャンマーに新会社…東南アジアの物流拡充へ 画像 日本通運、ミャンマーに新会社…東南アジアの物流拡充へ

海外進出

経済成長著しいミャンマーで総合的な物流を提供
日本通運は12月14日、同社の現地法人、南アジア・オセアニア日通が11月24日に、ヤンゴン近郊のティラワ特別経済区(以下、ティラワSEZ)に日通ロジスティクスミャンマー(以下、新会社)を設立したと発表した。

新会社は、航空輸送や海路輸送をはじめとして、国内輸送や重機建設等、総合物流サービスを提供する。新会社の倉庫は、敷地面積約5万m2、延床面積は約5200m2で、2017年の竣工を予定している。

東南アジア諸国における物流を拡充へ
ミャンマーは、諸外国からの投資が伸びていることもあり、高い経済成長率を示している。また、日本とミャンマーが共同開発を行った工業団地、ティラワSEZは今年9月23日に開業し、13か国の47社が進出を決定している。

日本通運は、経済成長が著しい同国においてロジスティクス機能を強化するため、ティラワSEZへの進出を決定した。

同国は今後も経済特区を開発する計画があり、さらなる発展が期待されていること、また、今月にはASEAN経済統合が予定されていることから、日本通運は、東南アジア諸国における物流ネットワークを拡充していく考えだ。

日本通運 ティラワSEZ内に新会社を設立

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  2. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  3. 自動車業界から見た2016年、激動の世界に日本企業は対応できたか?

    自動車業界から見た2016年、激動の世界に日本企業は対応できたか?

  4. 宮崎キャビア1983、海外へ! そして1983は何を意味するのか?

  5. ミャンマー初「ヤンゴン証券取引所」が12月9日にオープン

  6. 三菱日立パワーシステムズ、ガスタービン他受注……トルクメニスタン

  7. 世界第4位のつり橋、トルコ・イズミット湾横断橋が開通

  8. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  9. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  10. 【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

アクセスランキングをもっと見る

page top