日本通運、ミャンマーに新会社…東南アジアの物流拡充へ 画像 日本通運、ミャンマーに新会社…東南アジアの物流拡充へ

海外進出

経済成長著しいミャンマーで総合的な物流を提供
日本通運は12月14日、同社の現地法人、南アジア・オセアニア日通が11月24日に、ヤンゴン近郊のティラワ特別経済区(以下、ティラワSEZ)に日通ロジスティクスミャンマー(以下、新会社)を設立したと発表した。

新会社は、航空輸送や海路輸送をはじめとして、国内輸送や重機建設等、総合物流サービスを提供する。新会社の倉庫は、敷地面積約5万m2、延床面積は約5200m2で、2017年の竣工を予定している。

東南アジア諸国における物流を拡充へ
ミャンマーは、諸外国からの投資が伸びていることもあり、高い経済成長率を示している。また、日本とミャンマーが共同開発を行った工業団地、ティラワSEZは今年9月23日に開業し、13か国の47社が進出を決定している。

日本通運は、経済成長が著しい同国においてロジスティクス機能を強化するため、ティラワSEZへの進出を決定した。

同国は今後も経済特区を開発する計画があり、さらなる発展が期待されていること、また、今月にはASEAN経済統合が予定されていることから、日本通運は、東南アジア諸国における物流ネットワークを拡充していく考えだ。

日本通運 ティラワSEZ内に新会社を設立

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:6~アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

    ~Sakeの海外戦略:6~アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

  2. パタヤにもある「日本のクオリティ」、変わりゆくタイ東部

    パタヤにもある「日本のクオリティ」、変わりゆくタイ東部

  3. ~国産家具を世界へ!:1~日本だけの“ストーリー”をデザインする

    ~国産家具を世界へ!:1~日本だけの“ストーリー”をデザインする

  4. 串カツ田中、シンガポールに東南アジア1号店

  5. TPP協定暫定案が公表、政府調達の対象機関や基準額判明

  6. フィリピンの電動トライク事業、渦潮電気が約36億で受注

  7. 繊維業界の雄、小松精練成功の3つの戦略とは?

  8. 海外建設協会員/17年4~9月受注、15.3%増/過去最高、アジアで大型工事

  9. 国交省、バングラデシュのPPP対象候補案件絞り込み/高速道路など3分野

  10. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

アクセスランキングをもっと見る

page top