日本通運、ミャンマーに新会社…東南アジアの物流拡充へ 画像 日本通運、ミャンマーに新会社…東南アジアの物流拡充へ

海外進出

経済成長著しいミャンマーで総合的な物流を提供
日本通運は12月14日、同社の現地法人、南アジア・オセアニア日通が11月24日に、ヤンゴン近郊のティラワ特別経済区(以下、ティラワSEZ)に日通ロジスティクスミャンマー(以下、新会社)を設立したと発表した。

新会社は、航空輸送や海路輸送をはじめとして、国内輸送や重機建設等、総合物流サービスを提供する。新会社の倉庫は、敷地面積約5万m2、延床面積は約5200m2で、2017年の竣工を予定している。

東南アジア諸国における物流を拡充へ
ミャンマーは、諸外国からの投資が伸びていることもあり、高い経済成長率を示している。また、日本とミャンマーが共同開発を行った工業団地、ティラワSEZは今年9月23日に開業し、13か国の47社が進出を決定している。

日本通運は、経済成長が著しい同国においてロジスティクス機能を強化するため、ティラワSEZへの進出を決定した。

同国は今後も経済特区を開発する計画があり、さらなる発展が期待されていること、また、今月にはASEAN経済統合が予定されていることから、日本通運は、東南アジア諸国における物流ネットワークを拡充していく考えだ。

日本通運 ティラワSEZ内に新会社を設立

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  2. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

    【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  3. 【養殖モノを海外で売る!:3】狙うは富裕層、DHA強化ブリ

    【養殖モノを海外で売る!:3】狙うは富裕層、DHA強化ブリ

  4. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  5. NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

  6. ミャンマー、ヤンゴンの路面鉄道が一部開通、広島の車両が活躍

  7. インド進出を後押し! 愛知県がインド政府内に専用窓口

  8. シンガポールは日本企業のどこに「ベスト」を見ているのか?

  9. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  10. 日タイ会談、南部経済回廊・タイ国内区間の鉄道整備で覚書署名

アクセスランキングをもっと見る

page top