鬼怒川緊急対策プロジェクト、来年1月に着手式 画像 鬼怒川緊急対策プロジェクト、来年1月に着手式

インバウンド・地域活性

 9月の関東・東北豪雨で被災した茨城県と同県内7市町、国土交通省関東地方整備局は、「鬼怒川緊急対策プロジェクト着手式」を16年1月11日に茨城県常総市の常総市地域交流センターで開催する。関東整備局は、着手式までに鬼怒川下流域の破堤区間(常総市三坂町)の本復旧工事の施工者を選定し、直ちに着工する方針も固めた。
 被災自治体からは茨城県のほか、結城、下妻、常総、守谷、筑西、つくばみらいの6市と八千代町が出席する。着手式では、国交省などが今月4日に「鬼怒川緊急対策プロジェクト」と題して公表したハード対策と、住民の早期避難を促すソフト対策の内容を関係機関が再確認。プロジェクトの円滑な推進に向けて団結を強める。
 ハード対策では、国の河川激甚災害特別緊急事業などを活用し、破堤区間の本復旧、堤体の高さや幅が不足している暫定堤防の拡幅、河道掘削などを実施する。県の補助事業を合わせた総事業費は約600億円。20年度末までの事業完了が目標だ。ソフト対策は、災害時の対応を時系列で整理した行動計画(タイムライン)の運用などを柱にしている。

茨城県、関東整備局ら/鬼怒川緊急対策プロジェクト、16年1月11日に着手式

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

    リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  3. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

    大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  6. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  7. 「奇跡の一本松」の技術を展示する記念館が計画中

  8. 西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

  9. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  10. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top