日立、ヤンゴン情報技術大学にラボ設立 画像 日立、ヤンゴン情報技術大学にラボ設立

海外進出

IT人材の育成を目的に講座を開催

12月14日、株式会社日立製作所は、ヤンゴン情報技術大学(UIT)にラボラトリを設立したことを発表した。

同社は「日立ミャンマーラボラトリ」でUITの教員や学生を対象とする講座を開講し、講座運営に必要なサーバなどのITプラネットフォームを提供する。

ミャンマー科学技術省は2012年より、UITをIT人材の育成を目的とする研究拠点(COE)と位置づけ、政府や民間企業における情報技術の最高責任者(CIO)の教育に取り組んでいる。日立は、2013年からこの活動に協力し、UIT教員の日本での研修プログラムなどを行っている。

ラボラトリの設立は、IT人材育成を大きく進歩させる拠点となり、今後のミャンマーの成長を支えていくことが期待される。

最先端の技術を提供し、ミャンマーの社会・経済成長に貢献

ラボラトリでは、UIT教員と大学院修士課程の学生を対象に、2週間の講座を毎年4回開催する。初年度はITシステムやデータセンターの運営管理、次年度以降は、社会インフラ分野におけるIoTやビッグデータの利用法などを学びながら、ITシステムを活用して社会的な問題を解決できる人材育成を目指す。

日立グループは、1958年、水力発電所の発電機器納入以来、長年ミャンマーのインフラ整備に貢献している。今後もミャンマーの人々とともに「協創」の取り組みを進め、社会・経済の発展と成長に貢献していく意向だ。

(画像はニュースリリースより)

日立、ヤンゴン情報技術大学にラボラトリを設立

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. “プレモーターリゼーション期”のベトナム自動車市場が伸びる理由

    “プレモーターリゼーション期”のベトナム自動車市場が伸びる理由

  3. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

    高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  4. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  5. さらなる成長を目指して、新しい納車前整備ヤードを建設!ホンダマレーシア

アクセスランキングをもっと見る

page top