モンテディオ山形、新スタジアム整備構想を発表 画像 モンテディオ山形、新スタジアム整備構想を発表

マネジメント

 プロサッカーチームを運営する「モンテディオ山形」(森谷俊雄社長)は15日、新スタジアムの整備構想を発表した。
 5月に設置した新スタジアム構想検討委員会が基本的骨格を示す構想書としてまとめたもの。必要な機能などを検討した結果、収容人数2万人規模の屋根付きサッカー専用スタジアムが望ましいとした。
 事業手法については、公共が施設の所有権を持ち、設計・建設・維持管理・運営を一体的に民間に委ねるDBO手法が最善とした。
 複合施設化や防災拠点機能の導入などを検討することや、地方創生を担う街づくりの観点を取り入れ、新たなランドマークとする位置付けを提案。地域・街づくりの起爆剤となるようなスタジアムを目指すとともに、産業の活性化や文化振興などに持続的に寄与することを求めた。
 Jリーグクラブライセンス制度にのっとった基準を満たす施設とし、一定規模の駐車場の確保やアクセスの利便性、効率的な機能配置、用地確保の観点を考慮した機能分散も必要だとした。
 具体的な整備手法や資金調達手段、事業実施主体、建設後の運営主体の検討は今後の課題としている。

モンテディオ山形/新スタジアム整備構想/屋根付き2万人収容規模、DBO方式想定

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 起業や法人化のトレンドは合同会社? 5年連続で20%以上の増加率記録

    起業や法人化のトレンドは合同会社? 5年連続で20%以上の増加率記録

  2. 風力発電「コスト8-9円」は実現可能…技術革新で大幅減

    風力発電「コスト8-9円」は実現可能…技術革新で大幅減

  3. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

    移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  4. 産休・育休、男女別トイレ設置……女性活躍へむけ建設業界の意識変革進む

  5. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  6. 日比谷花壇、花祭壇のコンサル事業へ…JA葬祭と連携も

  7. 東海地区に22店舗、スーパー「トミダヤ」が再生支援要請……地域経済活性化支援機構が応じる

  8. セブン-イレブンで”業界初“商品が相次ぎ登場

  9. 「日立・川村」と「パナソニック・津賀」…電機V字回復のレシピ

  10. 壁材老舗などの経営改善が評価、「実効力ある経営」認証4社発表

アクセスランキングをもっと見る

page top