モンテディオ山形、新スタジアム整備構想を発表 画像 モンテディオ山形、新スタジアム整備構想を発表

マネジメント

 プロサッカーチームを運営する「モンテディオ山形」(森谷俊雄社長)は15日、新スタジアムの整備構想を発表した。
 5月に設置した新スタジアム構想検討委員会が基本的骨格を示す構想書としてまとめたもの。必要な機能などを検討した結果、収容人数2万人規模の屋根付きサッカー専用スタジアムが望ましいとした。
 事業手法については、公共が施設の所有権を持ち、設計・建設・維持管理・運営を一体的に民間に委ねるDBO手法が最善とした。
 複合施設化や防災拠点機能の導入などを検討することや、地方創生を担う街づくりの観点を取り入れ、新たなランドマークとする位置付けを提案。地域・街づくりの起爆剤となるようなスタジアムを目指すとともに、産業の活性化や文化振興などに持続的に寄与することを求めた。
 Jリーグクラブライセンス制度にのっとった基準を満たす施設とし、一定規模の駐車場の確保やアクセスの利便性、効率的な機能配置、用地確保の観点を考慮した機能分散も必要だとした。
 具体的な整備手法や資金調達手段、事業実施主体、建設後の運営主体の検討は今後の課題としている。

モンテディオ山形/新スタジアム整備構想/屋根付き2万人収容規模、DBO方式想定

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 建設の外国人就労者受け入れ、国交省がQ&A

    建設の外国人就労者受け入れ、国交省がQ&A

  2. 盗難対策と在庫管理ができるRFID、スポーツ用品「デカトロン」が導入

    盗難対策と在庫管理ができるRFID、スポーツ用品「デカトロン」が導入

  3. 地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

    地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

  4. 以前の日本と同じ、中国の自動車アフターマーケット市場は必ず来る!…テイン市野社長

  5. 【訃報】日産 塙義一前社長…ルノー資本提携の立役者

  6. 14年度建設業経営分析、技術職員1人当たり完工高21.8%増

  7. 建設下請実態、賃金「引き上げた」上昇、施工体制台帳に改善余地

アクセスランキングをもっと見る

page top