モンテディオ山形、新スタジアム整備構想を発表 画像 モンテディオ山形、新スタジアム整備構想を発表

マネジメント

 プロサッカーチームを運営する「モンテディオ山形」(森谷俊雄社長)は15日、新スタジアムの整備構想を発表した。
 5月に設置した新スタジアム構想検討委員会が基本的骨格を示す構想書としてまとめたもの。必要な機能などを検討した結果、収容人数2万人規模の屋根付きサッカー専用スタジアムが望ましいとした。
 事業手法については、公共が施設の所有権を持ち、設計・建設・維持管理・運営を一体的に民間に委ねるDBO手法が最善とした。
 複合施設化や防災拠点機能の導入などを検討することや、地方創生を担う街づくりの観点を取り入れ、新たなランドマークとする位置付けを提案。地域・街づくりの起爆剤となるようなスタジアムを目指すとともに、産業の活性化や文化振興などに持続的に寄与することを求めた。
 Jリーグクラブライセンス制度にのっとった基準を満たす施設とし、一定規模の駐車場の確保やアクセスの利便性、効率的な機能配置、用地確保の観点を考慮した機能分散も必要だとした。
 具体的な整備手法や資金調達手段、事業実施主体、建設後の運営主体の検討は今後の課題としている。

モンテディオ山形/新スタジアム整備構想/屋根付き2万人収容規模、DBO方式想定

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

    【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  2. E&CSのレンズダンパーが耐震補強で初採用

    E&CSのレンズダンパーが耐震補強で初採用

  3. あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

    あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

  4. 人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

  5. 新国立競技場の事業者選定が大詰め、アスリートから意見聴取を開始

  6. サントリーが「働きたい国内企業」1位に選出!評価の理由は…

  7. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

  8. 中堅中小のマイナンバー対応、10月に直前講座! 東商

アクセスランキングをもっと見る

page top