【回転窓】責任ある声は一つ 画像 【回転窓】責任ある声は一つ

インバウンド・地域活性

 あの日、一人の小学校長が味わった焦りがどれほどだったか、容易に想像できるものではない▼11年3月11日、岩手県陸前高田市立気仙小学校の菅野祥一郎校長(現陸前高田市立図書館館長)は、学校から離れた場所で地震に遭遇。すぐ学校に戻ろうと車を走らせたが、学校につながる橋は既に通行止めとなっていた。「人生で一番焦った」。先日、菅野氏の講演を聞いた▼行く手を阻まれながらも何とか駆け付けると、児童は校庭に並んでいた。集まっていた地域住民から「校舎に上がろう」などとさまざな声が聞かれたが、菅野氏が指示したのは裏山への避難。これが功を奏し、まさに間一髪のところで津波の難を逃れた▼裏山への避難はマニュアルにはなく、一度も訓練したことはなかったという。「(以前に)自分が登れたのだから児童も登れるだろう」。その判断が校長の「責任ある声」となり、全校児童の命を救った▼講演を聞いた中学生に「今、僕たちに何ができますか?」と質問され、菅野氏は「震災を忘れないでほしい」と答えた。あの時、「責任ある声」を発した教育者にもっと多くを学びたい。

回転窓/責任ある声は一つ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  5. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  6. 富裕層インバウンドの法則その1

  7. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  8. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  9. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  10. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

アクセスランキングをもっと見る

page top