首都高速道路会社が「高度管理CIM」実用化へ 画像 首都高速道路会社が「高度管理CIM」実用化へ

マネジメント

 首都高速道路会社は、ICT(情報通信技術)を活用して道路構造物を建設から維持管理まで一貫して高度管理するCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)を実用化するため、東京大学、三井住友建設との協力体制を構築した。道路構造物の維持管理業務の一部に導入している独自の支援システムを核に、構造物のライフサイクル全体を管理できるCIMの構築に向けた共同研究を進める。本格化する大規模更新・修繕事業への適用を視野に、数年後の試行導入を目指す。
 老朽化が進む道路構造物の管理業務を効率化するため首都高速会社は、グループ会社の首都高技術、ソフトウエア開発のエリジオン(浜松市中区)、測量・空間情報事業を展開する朝日航洋(東京都江東区)の3社が共同開発した「インフラドクター」と呼ぶ維持管理業務支援システムの導入を進めている。
 地理情報システム(GIS)と3次元(3D)点群データ、全方位動画などを連携させたのが特色で、移動計測車両の測量システム(MMS)で取得した構造物の3D点群データや映像をクラウド上で統合管理。各端末でデータを加工・管理・閲覧できる。首都高速会社は、この技術の活用を設計・施工計画などの分野にも拡大し、経年変化による変状検出や、コンクリート構造解析にも取り入れる。
 協力する東大、三井住友建設と、担当者による勉強会を本格的に開始した。東大とは、最先端の解析ツールなどを用いて構造物に関するビッグデータを多角的に分析・評価し、耐久性や性能を高い精度で把握できるシステムを開発する。三井住友建設とは、点検・管理を主とするインフラドクターに、設計・建設段階の各種データを効率・効果的に結び付けるための研究を進める。
 首都高速会社は、点検・管理業務にインフラドクターを活用しながら、新機能の開発や実用性の向上にも取り組んでいる。
 点検分野では、MMS搭載のレーザースキャナーで捉えた高密度点群から3Dモデリングデータを自動生成することに成功。複数のMMS計測結果を精度よく重ね合わせる自動処理技術も開発した。これらは世界初の技術という。
 取得した3D点群データの活用技術の開発も推進。変状検出や協議用図面の作成、3D寸法計測、点検車シミュレーションなどの機能のほか、点群データから構造物の3D-CADモデルを自動作成できる業界初のシステムも構築した。
 インフラドクターを構成する技術・システムについては、16年度中にも商品化レベルにまで高め、自社活用に限らず、外部に展開することも視野に入れている。

首都高速会社/高度CIM実用化へ/東大・三井住友建設と連携、構造物データ効率収集

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

    レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  2. 物流デベロッパー・トップの視点(8):三井不動産、多様なリレーションが奏功

    物流デベロッパー・トップの視点(8):三井不動産、多様なリレーションが奏功

  3. 【回転窓】山の再生に必要なのは

    【回転窓】山の再生に必要なのは

  4. 型枠大工の人数、4年ぶり回復…取り組み成果で若年層3割増

  5. 政府、次期「国土強靱化行動計画」で豪雨災害対策を強化

  6. JAPIC、林業復活・地域創生の推進を提言

  7. JFEエンジニアリング、再生可能エネルギー発電の拡大めざす

  8. 米キャタピラー、キャタピラージャパンの製造拠点統廃合を検討

  9. 東日本建設業保証、中小建設会社の14年度決算分析まとめる

  10. 超小型モビリティでまちおこし・新規事業を――国交省が補助金事業を公募

アクセスランキングをもっと見る

page top