「ジャパンブランド」の活性化を図る一大プロジェクトがスタート 画像 「ジャパンブランド」の活性化を図る一大プロジェクトがスタート

マネジメント

 中小企業が担う「ジャパンブランド」の情報を国内外に届け、長期的視野でブランドの活性化を図るプラットフォームが来年1月に誕生する。株式会社ロフトワーク(東京都渋谷区)は16日、「JAPAN BRAND FESTIVAL」プロジェクトの開始を発表した。

 2016年1月11日にスタートするという「JAPAN BRAND FESTIVAL」。そのターゲットとなるのは、「日本特有の商材、サービスをもつ中小企業」、「デザイナー、プロデューサー」、「小売流通業者、バイヤー」、「ジャパンブランドを支援する行政、行政外郭団体、企業」、「メディア」、「将来のジャパンブランドの買い手や担い手につながる若者」など多岐に渡る。

 その上で、プロジェクトでは2016年から2018年までを“フェーズ”に分け、活動の発展を段階的に想定。1年ごとの目標をプロジェクトマイルストーンとして公表した。

 2016年はジャパンブランドの情報や機会を求める人に接点をもたらすプラットフォームとして機能する“フェーズ1”。2017年はプラットフォームをベースにネットワークを構築、日本各地で生きたネットワークとして機能する“フェーズ2”。2018年は相互連携が活発化し、ジャパンブランドの商品・サービスが見つかり、世界からも事業者と直接コミュニケーションがとれるWebサービスの基盤となる“フェーズ3”としている。

 現代版”楽市・楽座”のような場を目指すという同プロジェクト。スタートに先立ち、公式サイトが12月21にオープンするほか、2016年1月11日から17日まで、渋谷ヒカリエでキックオフイベント「JAPAN BRAND FESTIVAL 2016」を開催。ものづくり企業によるワークショップや商談会なども企画しているという。

 ジャパンブランドがどのように活性化していくか、年明けから始まる「JAPAN BRAND FESTIVAL」に大いに期待したい。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 飲食店経営に新機軸…複数メーカーのPOSデータを統合管理

    飲食店経営に新機軸…複数メーカーのPOSデータを統合管理

  2. 人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

    人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

  3. 独身者の帰省費用負担、ゼネコンで新たな焦点に

    独身者の帰省費用負担、ゼネコンで新たな焦点に

  4. 栃木・足利銀行と茨城・常陽銀行の統合、地域企業への影響は?

  5. アジア航測、宇佐美工業ら4社とi-Con導入勉強会、2月9日に初会合

  6. 人事評価の見直しでやる気&業績アップ 中小企業のためのセミナー

  7. 【倒産情報】レディスアパレル「2%TOKYO」が自己破産

  8. サントリーが「働きたい国内企業」1位に選出!評価の理由は…

  9. 奥村組と日本海水、鉄バクテリア汚泥を活用した重金属不溶化材を開発

  10. 「インスタグラム」のPR効果に注目、JA全農などキャンペーン展開

アクセスランキングをもっと見る

page top