アップルが自前でディスプレー開発か?台湾に秘密の研究所 画像 アップルが自前でディスプレー開発か?台湾に秘密の研究所

IT業務効率

 ブルームバーグが関係者の話として、アップルが今年に入って台湾に秘密の研究所を開設し、ディスプレーの研究開発に乗り出したと報道した。もともとはクアルコムが新型ディスプレーを開発していた拠点で、少なくとも50人のエンジニアが、iPhone、iPad、マッキントッシュ向けに、現在より薄く、軽く、明るく、消費電力の低い先端液晶ディスプレーを研究しているという。

 エンジニアは台湾のディスプレーメーカーであるAUオプトロニクスや、建物の元の持ち主のクアルコムなどから雇い入れているという。アップルの広報担当者はコメントを辞退した。

 関係者によれば、この事務所は台北の中心から南西約50kmの場所に位置する桃園市の龍潭サイエンスパークにある白いタイルで覆われたビル。会社名を記した看板がなく、大きなロゴを掲げた周囲のTSMCやAUオプトロニクスの工場と好対照だという。それでも、建物内部の受付の壁にはアップルのロゴがあるほか、iMacの訪問者登録の画面もアップル独自のもので、この建物がアップルのオフィスだということを、わずかにうかがわせているとしている。

 さらに、龍潭サイエンスパークを管理する新竹サイエンスパークの運営事務所の記録によれば、アップルがこの工場に移転してきたのは今年4月。その前までは2008年からクアルコム・パネル・マニュファクチャリングが入居していた。

 ブルームバーグは推測ながら、アップルがディスプレー技術や生産プロセスを自社開発することで、サムスン電子やLGディスプレイ、シャープ、ジャパンディスプレイへの依存度を引き下げ、代わりにAUオプトロニクスやイノラックスといった台湾の小規模なディスプレーメーカーへの製造委託が可能になるとしている。

 一方、アップル情報サイトの[http://appleinsider.com/articles/15/12/15/apple-has-taken-over-qualcomms-imod-mirasol-display-lab-in-taiwan{アップルインサイダー}]などは、研究所の建物や設備だけではなく、ここを拠点に開発が行われていた干渉モジュラーディスプレー(IMOD)の「ミラソル(Mirasol)」の技術も含め、アップルがクアルコムから買収した可能性も指摘する。クアルコムからの人材採用も、こうした観測を裏付ける材料と言える。

 IMODは鮮やかな青色を発するモルフォ蝶の羽根にヒントを得た表示方式で光の干渉を利用する。バックライトが不要かつ省エネ、さらに直射日光の下でも見やすいのが特徴。非常に小さい鏡のような部品を大量に敷き詰め、各部品の深さ位置で色調が変わる現象を使ったMEMS(微小電気機械システム)ディスプレーだ。

 クアルコムはIMODの発明者であるマーク・マイルズが創業したイリダイム(Iridigm)を2004年に買収し、実用化を推進。その後、クアルコムはフルカラーのミラソルを採用した初の自社開発スマートウォッチ「トック(Toq)」を2013年12月に発売したものの、商品としては失敗に終わっている。

(※追加します)
 さらに[http://www.digitimes.com/news/a20151216PD203.html{台湾デジタイムズ}]が伝えたところによると、アップルはこの研究所でマイクロLEDディスプレーを開発するという。マイクロLEDディスプレーは通常の液晶ディスプレーと違い、バックライトが不要で、より薄くでき、省エネで、高精細かつ色域を改善できるメリットがある。

 ただ、この方式は薄膜トランジスタ(TFT)製造プロセスでの歩留まりが良くないため、量産が難しいとされる。アップルがマイクロLEDを手がけるのは初めてではなく、シリコンバレーのサンタクララに本拠を置き、マイクロLEDディスプレーを開発するベンチャー企業のラックスビュー・テクノロジー(LuxVue Technology)を2014年に買収している。

アップルが自前でディスプレー開発か、台湾に秘密の研究所

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~ITで攻めの農業:2~年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    ~ITで攻めの農業:2~年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  2. ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

    ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

  3. 教育ICT市場、2020年には2,403億円規模……富士キメラ総研

    教育ICT市場、2020年には2,403億円規模……富士キメラ総研

  4. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  5. サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳

  6. 【今流スマホ予約・前編】“スマホ→即予約”が外食を変える!?

  7. ~スマート林業:3~電力自由化!間伐材で作る再生エネ

  8. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  9. サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

  10. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:後編

アクセスランキングをもっと見る

page top