地域別・テーマ別に日本をみる! 統計データ利活用アイデア募集 画像 地域別・テーマ別に日本をみる! 統計データ利活用アイデア募集

IT業務効率

 「さいたま市で未就学児を持つ世帯が多い地域を調べる」、「バレーボールをする人の割合が最も多い年齢を調べる」、「都道府県別の降水量を地図で見る」など……。政府統計の総合窓口「e-Stat」では、政府統計のさまざまなデータを公開中だ。

 総務省の統計局や統計研修所、および独立行政法人統計センターは15日、「e-Stat」の使い勝手を高め、サービスを向上するため、統計データや統計APIを活用するアイデアによるコンテスト「STAT DASHグランプリ2016」を発表。2016年2月17日を締切とし、アイデアの募集を開始した。

 募集するのは2部門で、「行政サービス開拓部門」は「政府が次に作るならコレ!!」がテーマ。ユーザーが「e-Stat」の統計データを、よりわかりいやすく・使いやすく・便利に。高度に活用できることを目的に、Webやスマートフォン・タブレット用のシステムをはじめ、アプリケーションでの提案も受け付ける。その後、応募アイデアをもとに実用化を検討する。

 もう1つの「データ利活用啓発部門」は「なるほど!この活用は面白い!」がテーマ。統計APIを使い、「e-Stat」から提供される統計データを加工、分析。ほかの観測データやオープンデータ、ビッグデータと組み合わせた斬新なデータ活用のアイデアを募集し、アプリケーションでの提案も受け付ける。受賞作品は総務省等のWebサイトで公開する。

 プレゼンテーション審査は3月5日、受賞者発表・表彰は3月中旬~下旬に行なう予定。「行政サービス開拓部門」では総務大臣賞に30万円、優秀賞に10万円、敢闘賞に賞品を、「データ利活用啓発部門」では総務大臣賞に10万円、優秀賞に5万円、敢闘賞に賞品を贈呈する。

 総務省では統計データの利活用スキルの向上に向け、4日から「統計データ利活用スキル向上セミナー」を開催。今回のコンテストとあわせ、IoTやIoTの推進を図る。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ガンダムまであと一歩?全長4メートルの人型ロボット登場!

    ガンダムまであと一歩?全長4メートルの人型ロボット登場!

  2. NHK『超絶 凄ワザ!』の対決に初めて参戦した国の機関とは?

    NHK『超絶 凄ワザ!』の対決に初めて参戦した国の機関とは?

  3. 水が凍結する時の圧力で壁解体! 環境に優しい工法

    水が凍結する時の圧力で壁解体! 環境に優しい工法

  4. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  5. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  6. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  7. パン消費量全国No.1の京都で発見された“スーパー酵母”で作ったパンの味は?

  8. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  9. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  10. 【ポストものづくり時代:1】伝統工芸を現在とシンクロさせる

アクセスランキングをもっと見る

page top