北名古屋工場整備運営PFI、新日鉄住金エンジら7社グループに 画像 北名古屋工場整備運営PFI、新日鉄住金エンジら7社グループに

インバウンド・地域活性

 名古屋市は、PFI方式を導入する「名古屋市北名古屋工場(仮称)整備運営事業」の総合評価一般競争入札を行い、新日鉄住金エンジニアリンググループを落札者に決めた。落札額は537億円。
 7月にWTO対象案件として公告、9月10日から10月9日まで事業提案書・入札書を受け付け、10日に開札した。応募は1グループだけだった。
 グループの出資者は、新日鉄住金エンジニアリングのほか日鉄住金環境プラントソリューションズ、エコマジ、極東開発工業、広築、矢橋工業、大建設計。協力企業として大林組、徳倉建設、エヌジェイ・エコサービス、服部組、三池精錬、中部リサイクル、丸大産業運輸、三照、油研が参加している。
 同工場は、愛知県北名古屋市二子四反地の敷地約2・6ヘクタールに整備され、名古屋市、北名古屋市、豊山町のごみを処理する。
 処理能力は日量660トン。処理システムは、同グループの提案を受けてシャフト炉式ガス化溶融炉に決まった。
 同グループは▽高効率発電の実施、再生可能エネルギーの利用推進、先端省エネ機器の導入▽焼却灰等の全量資源化(埋め立て処分量ゼロ)▽耐震性の高い施設整備-を提案した。
 事業方式はBTO方式。工場棟、破砕選別施設(日量50トン)、管理棟、計量棟、洗車場、処理不適物ストックヤードなど処理関連施設のほか防災設備、雨水貯留設備、見学者等環境学習対応設備も整備する。
 16年3月に市とSPC(特別目的会社)が契約を結ぶ。設計・建設期間は20年6月まで、運営・維持管理期間は同7月から20年間。

名古屋市/北名古屋工場整備運営PFI/新日鉄住金エンジら7社グループに

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

    リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  2. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

    羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  3. 十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

    十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  8. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  9. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  10. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

アクセスランキングをもっと見る

page top