へき地・複式・小規模校にリユースPC510台を寄贈 画像 へき地・複式・小規模校にリユースPC510台を寄贈

IT業務効率

 「未来を担う子どもたちを応援しよう」―。ジブラルタル生命保険株式会社(本社・東京都千代田区、佐藤惠CEO)は、社内で使用しなくなったパソコンのうち510台をリユース。全国へき地教育研究連盟(吉野隆哉会長)を通じて、加盟各校から希望を募り応募のあったへき地・複式・小規模校417校に寄贈した。
 これは、同社の社会貢献活動テーマ=「未来を担う子どもたちを応援する」を具現化するもので、全国へき地教育研究連盟に加盟する、へき地・複式・小規模校3416校に呼びかけ、手を挙げた417校すべてに寄贈したもの。
 同社が社内PC管理基準上、廃棄ならびに売却を行う予定のノートパソコンは、約7400台。うち▽PCベンダーに売却が可能なもの▽故障及び旧機種により廃棄するもの―を除いた、510台が対象となった。これらを(1)PCのデータ消去(2)筐体(きょうたい)クリーンアップ(3)OS・アプリケーション追加(4)組み立て・再包装して寄贈する。
 10月下旬に群馬県草津町の草津町立草津中学校で行われた贈呈式を皮切りに、寄贈先417校に対して順次贈呈。贈呈されたノートパソコンは授業や生徒会活動、クラブ活動など、さまざまな学校行事で活用される予定だ。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. パイオニア、クラウド型運行管理サービスがスマホ/タブレットに対応

    パイオニア、クラウド型運行管理サービスがスマホ/タブレットに対応

  2. 3Dプリンターが物流を変える!?

    3Dプリンターが物流を変える!?

  3. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:4

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:4

  4. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  5. ANA、VR/ARを活用した「総合トレーニングセンター」を新設へ

  6. 関電工、IoTやAI利用の空調監視診断サービス確立へ。設備業界初

  7. ImPACT/災害対応の重作業ロボ開発/二重旋回・複腕機構採用、適用範囲を拡大

  8. 【外食ビジネスウィーク2015】スマートウォッチでPOS……飲食店で現場スタッフの効率化を追求

  9. 2015年のネット変化を振り返る……Chromeが1位に、電子書籍は伸び悩み

  10. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

アクセスランキングをもっと見る

page top