へき地・複式・小規模校にリユースPC510台を寄贈 画像 へき地・複式・小規模校にリユースPC510台を寄贈

スマート中小企業

 「未来を担う子どもたちを応援しよう」―。ジブラルタル生命保険株式会社(本社・東京都千代田区、佐藤惠CEO)は、社内で使用しなくなったパソコンのうち510台をリユース。全国へき地教育研究連盟(吉野隆哉会長)を通じて、加盟各校から希望を募り応募のあったへき地・複式・小規模校417校に寄贈した。
 これは、同社の社会貢献活動テーマ=「未来を担う子どもたちを応援する」を具現化するもので、全国へき地教育研究連盟に加盟する、へき地・複式・小規模校3416校に呼びかけ、手を挙げた417校すべてに寄贈したもの。
 同社が社内PC管理基準上、廃棄ならびに売却を行う予定のノートパソコンは、約7400台。うち▽PCベンダーに売却が可能なもの▽故障及び旧機種により廃棄するもの―を除いた、510台が対象となった。これらを(1)PCのデータ消去(2)筐体(きょうたい)クリーンアップ(3)OS・アプリケーション追加(4)組み立て・再包装して寄贈する。
 10月下旬に群馬県草津町の草津町立草津中学校で行われた贈呈式を皮切りに、寄贈先417校に対して順次贈呈。贈呈されたノートパソコンは授業や生徒会活動、クラブ活動など、さまざまな学校行事で活用される予定だ。
《日本教育新聞》

編集部おすすめの記事

特集

スマート中小企業 アクセスランキング

  1. 【スマート林業:1】最先端テクノロジーで未来志向へ

    【スマート林業:1】最先端テクノロジーで未来志向へ

  2. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  3. 【ICTが変える高齢化社会:5】介護者を支援する「パワードスーツ」

    【ICTが変える高齢化社会:5】介護者を支援する「パワードスーツ」

  4. 【スマート林業:6】新しい人材、新しい学びの場

  5. 【スマート林業:4】誰にでも開かれた「材木屋」

  6. 【スマート林業:5】ヒノキの間伐材で畳に付加価値をつける

  7. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(整備・点検編)

  8. 【ITで強い商店街を作る:1】地域ポイントサービスとその先

  9. 「東工大の黒い壁」が進化、契約電力が減ったのは太陽光を主力電源にした成果

  10. 【スマート林業:3】電力自由化!間伐材で作る再生エネ!

アクセスランキングをもっと見る

page top