【凜】スポーツメディア・江田理英さん/心と身体の健康づくりをサポート 画像 【凜】スポーツメディア・江田理英さん/心と身体の健康づくりをサポート

人材

 日本道路の子会社が運営する東雲スイミングクラブ(広島市南区)。小学校低学年から中学3年まで会員として通い大学時代には、アルバイトもしていた。
 「(子どものころは)ここに来るのが楽しかった。学校とは違うプールの友達がいた」と自身の経験を踏まえ、「私の子どもも会員で通っている。たくましく育ってほしい」と目を細める。
 インストラクターとして幼児から高齢者まで幅広い世代を指導しており、「生涯スポーツとして水泳を親しんでもらうのがこのスイミングのコンセプト。誰でも来られるクラブにしたいし、地域に根差したクラブでありたい」と強調。さらに「『できる』『できた』といった自信を付け、身体を動かす楽しさや喜びを感じてもらいたい。心と身体の健康づくりを提供したい」とも。
 日本道路が15年度からCSR(企業の社会的責任)の一環として取り組んでいる子ども向け野外体験活動「森の探検隊」の隊長を務める。クラブでの豊富なイベント経験を生かし、夏・秋・冬の3回、広島県内の自然の中に16人の子どもを引率。
 「細かいスケジュールやプログラムはなく、子どもたちのペースで行きたい所に行き、一緒に考えることができるイベント。自分でやりたいことを見付ける中で、考える力や生きる力のきっかけを残したい」と笑顔を見せる。
 (東雲スイミングクラブ・マネージャー、えだ・りえ)

凜/スポーツメディア・江田理英さん/心と身体の健康づくりをサポート

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. ~社内コミュニケーションの秘訣~初めは遊びでも出口が仕事につながればいい/BFT

    ~社内コミュニケーションの秘訣~初めは遊びでも出口が仕事につながればいい/BFT

  3. 銀行が変われば、地域も変わるーー持続可能な信金を目指して/横浜信金

    銀行が変われば、地域も変わるーー持続可能な信金を目指して/横浜信金

  4. 建設産業での担い手確保・育成――担い手3法の本格運用元年、国交省

  5. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  6. 人事担当者は必見! 来年度の就活学生の傾向は○○重視!?

  7. 国交省/建設工事発注機関連絡会が初会合/働き方改革の取り組みなど情報共有

  8. ~HANJO女子~ GINZA SIX再開発プロジェクトの7年間/森ビル・神田春奈さん

  9. 日本工営が本社ビルに託児所を開設。コンサル業界初!

  10. 事業承継の2017年問題:2 経営改善に取り組むのが先決

アクセスランキングをもっと見る

page top