JSC、新国立競技場、2グループの提案公表、建設費1490億円前後 画像 JSC、新国立競技場、2グループの提案公表、建設費1490億円前後

インバウンド・地域活性

 2020年東京五輪のメーン会場となる新国立競技場の整備で、日本スポーツ振興センター(JSC)は14日、公募型プロポーザル方式で進めている設計・施工者の選定に応募した2グループの技術提案書を公表した。いずれの提案も「杜のスタジアム」がテーマで、周辺環境との調和を意識して木材をふんだんに使用する内容となっている。建設費(税込み)は1490億円前後、工期は19年11月末までと、双方とも要求水準書で示す条件を上回るコストと工期の縮減を図っている。
 今後は、新国立競技場整備事業の技術提案等審査委員会による審査、新国立競技場整備計画再検討のための関係閣僚会議の議論を経て、来週中にも優先交渉権者を選定する見通しだ。
 JSCは、審査過程の透明化を図ることを目的に、優先交渉権者の決定前に技術提案書を公表した。ただ、審査への影響を最小限にとどめるため、応募者名は伏せた形でデザインなどの提案内容を示している。
 A案は、屋根構造に木の集成材と鉄骨トラスを組み合わせたハイブリッド構造を採用するなど木材を積極的に活用。高さを50メートル以下に抑えることで、神宮外苑への圧迫感を和らげる。下層階で地震エネルギーを吸収する「ソフトファーストストーリー制震構造」を採用し、高い耐震性を確保する。事業費は工事費が約1490億円、設計費が約39億86百万円で、19年11月末の完成を見込んでいる。
 一方のB案は、スタンド最外周を72本の純木製の柱で囲んで屋根を支える構造とした。上・下段スタンドの中間に免震層と下段スタンドに制震装置を設けたハイブリッド中間層免震を採用。安心・安全で開放的なスタンドを実現するとしている。事業費は工事費に約1497億円、設計費に約39億96百万円を試算し、同じく19年11月末の完成を目指す。
 新国立競技場の建設地は、東京都新宿区霞ケ丘町10の1(敷地面積11万3039平方メートル)。競技場本体の面積は約19万4400平方メートル。客席数は、五輪開催時には6万8000席を整備し、五輪終了後、将来のサッカー・ワールドカップ(W杯)招致を見据え、8万人以上を確保できる計画としている。
 要求水準書では 工事費の上限額(税込み)は1550億円で、うち工事施工関連が1528億円、関連工事費が22億円。設計・監理費の上限は40億円とし、I期事業の参考額は24億円に設定していた。

新国立競技場/スポーツ振興センター、2グループの提案公表/建設費1490億円前後

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

    越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

  3. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

    【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

  7. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  8. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  9. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  10. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

アクセスランキングをもっと見る

page top