設備工事各社がクリーンルーム製品・技術充実、設備投資増を狙い 画像 設備工事各社がクリーンルーム製品・技術充実、設備投資増を狙い

マネジメント

 設備工事各社が、クリーンルームを備える半導体メーカーや医療施設向けに、関連する製品や技術を充実させている。各社は、企業による設備投資が改善傾向にあるこの機会を捉え、展示会への出展などを通じて製品や技術を売り込んでいく考えだ。
 クリーンルームのPRに力を入れているのは、関電工とダイダン。関電工は、主に半導体メーカー向けに工場の改修や増設需要に対応しやすい「フレックスクリーンルーム」の普及に取り組んでいる。縦4メートル、横2メートル、高さ2・5メートルと小型で、部材は工場でプレハブ化して現地で組み立てる。大型クリーンルームと比較して施工期間が短く、コスト削減にもつながるのが特徴だ。
 ダイダンは、再生医療用の細胞加工施設(CPF)向けに「エアバリアブース」を開発した。再生医療施設で細胞を取り扱う装置を囲う半開放型のブースで、一つの部屋に複数設置することができ、さらに間仕切りが不要のため導入コストを最大で40%削減できる。
 クリーンルーム向けの技術を充実させているのは、三機工業、高砂熱学工業。三機工業は、再生医療施設向け気流改善装置「CPCube(シーピーキューブ)」を開発した。作業台「バイオハザード対策用キャビネット(BSC)」から排出された清浄な空気をシーピーキューブが集め、BSCの上部から下方に吹き出すことで作業環境を清浄に保つ。
 高砂熱学工業は、クリーンルーム内の空調にかかるエネルギーを大幅に削減する旋回流誘引型成層空調システム「SWIT(スウィット)」を積極的にPRしている。温度の高い汚れた空気を室内上部に持ち上げて排出し、新鮮な空気を供給するシステムで、室内下方作業域の空気清浄度が効率的に高まるだけでなく、冷房効果も期待でき、エネルギー効率の向上につながる。試算では、年間消費エネルギーを従来の空調システムと比較して40%前後削減できるという。

設備工事各社/クリーンルーム製品・技術充実/企業の設備投資増に照準

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. ブラックに注目しない、次世代に残すべきホワイト企業を表彰

    ブラックに注目しない、次世代に残すべきホワイト企業を表彰

  3. 運送業に若者や女性を! 人材確保に役立つ資料を全ト協が公開

    運送業に若者や女性を! 人材確保に役立つ資料を全ト協が公開

  4. 家電量販店、量から質へ戦略転換? “格安”ネットと差別化

  5. 若者や女性に中小企業の魅力伝える「東京カイシャハッケン伝!」、東京都が開設

  6. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  7. 三井物産会長が語る人づくりの最高の舞台は「修羅場・土壇場・正念場」

  8. 求む!佐賀のモノづくり人材育成リーダー!産業技術学院の学院長を公募

  9. 中国語担当者がいない日本企業も「中国輸出ビジネス」が可能に

  10. 企業からメディアへのコンタクト、95%の記者が「メール」を希望

アクセスランキングをもっと見る

page top