【回転窓】使われてからが本当の評価 画像 【回転窓】使われてからが本当の評価

インバウンド・地域活性

 「近代港湾の父」と呼ばれる広井勇博士。明治から大正にかけて小樽港など数多くの土木構造物を手掛けたことからご存じの方も多いだろう▼10日付本紙最終面「所論諸論」で谷口博昭氏が広井博士の金言として「文明の基礎づくりに努力すべき」という言葉を紹介していた。実はこの言葉の前には、「技術者として自分の真の実力をつねに錬磨し、技術を通して」というくだりがある。広井博士の功績は単なる学術的な高さだけではなく、土木技術者の心構えを常に説き続けたことにある▼広井博士は著書『築港』の中でこうも言う。「先年にわたる技術者の栄誉と恥辱はひとえに設計の如何にある」。技術者は設計や工事が完了すれば終わりと思いがちだが、本当の評価はそれが機能し始めてからだ、と▼国土交通省がインフラのストック効果のPRに力を入れている。整備後に得られる社会的な効果をきちんと国民に発信する狙いだ。遅きに失した感もあるが、インフラ本来の役割を知ってもらうのは大切なことだ▼インフラは造るのが目的ではなく、使ってもらうのが目的だということを肝に銘じておきたい。

回転窓/使われてからが本当の評価

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. ニラ×ギョウジャニンニク=「行者菜」好評!産地が連携、技術交換

  7. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  8. 【着地型観光:5】増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

  9. 地元を救ったヒット商品、卵かけご飯専用醤油「おたまはん」――吉田ふるさと村

  10. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

アクセスランキングをもっと見る

page top