【回転窓】使われてからが本当の評価 画像 【回転窓】使われてからが本当の評価

インバウンド・地域活性

 「近代港湾の父」と呼ばれる広井勇博士。明治から大正にかけて小樽港など数多くの土木構造物を手掛けたことからご存じの方も多いだろう▼10日付本紙最終面「所論諸論」で谷口博昭氏が広井博士の金言として「文明の基礎づくりに努力すべき」という言葉を紹介していた。実はこの言葉の前には、「技術者として自分の真の実力をつねに錬磨し、技術を通して」というくだりがある。広井博士の功績は単なる学術的な高さだけではなく、土木技術者の心構えを常に説き続けたことにある▼広井博士は著書『築港』の中でこうも言う。「先年にわたる技術者の栄誉と恥辱はひとえに設計の如何にある」。技術者は設計や工事が完了すれば終わりと思いがちだが、本当の評価はそれが機能し始めてからだ、と▼国土交通省がインフラのストック効果のPRに力を入れている。整備後に得られる社会的な効果をきちんと国民に発信する狙いだ。遅きに失した感もあるが、インフラ本来の役割を知ってもらうのは大切なことだ▼インフラは造るのが目的ではなく、使ってもらうのが目的だということを肝に銘じておきたい。

回転窓/使われてからが本当の評価

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

    “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

  2. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 【地方創生】エネルギーの街、公用車はFCV「MIRAI」…周南市 木村健一郎市長

  5. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  9. 肌に良し、食べて良し、飼って良し。酉年に現れたこの鳥の名は?

  10. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

アクセスランキングをもっと見る

page top