国交省、技術者専任配置の要件緩和へ、杭問題再発防止策踏まえ 画像 国交省、技術者専任配置の要件緩和へ、杭問題再発防止策踏まえ

インバウンド・地域活性

 国土交通省は、監理・主任技術者の配置を求める建設工事の金額要件のあり方を再検討する。当初、ここ数年の物価上昇や消費増税などを踏まえて金額要件を緩和し、来年4月の施行を目指して建設業法施行令の規定を見直すことにしていた。横浜市のマンション傾斜に端を発した基礎杭工事のデータ流用問題で、年内にまとめる再発防止策に向けて現場の技術者の役割などが検討されていることから、その結論を待ってあらためて検討することにした。
 建設業法に基づき元請業者、下請業者に監理技術者や主任技術者の専任配置を求めているのは、公共性のある施設など重要な建設工事で請負金額が2500万円(建築一式は5000万円)以上の工事。元請に監理技術者の配置を求める工事は、下請工事の合計金額が3000万円(建築一式は4500万円)以上としている。
 国交省は当初、これらの配置要件を規定する施行令の改正を秋に閣議決定し、来年4月から施行することを目指していたが、杭工事問題を受けて、あらためて検討することにした。
 金額要件以外に予定していた施行令の改正については、11日に閣議決定した。
 改正建設業法では、新たな許可業種区分として「解体工事」を追加されており、この規定の施行日を16年6月1日と決定。これを受けて今後、解体工事の許可を申請する場合に必要となる技術者の資格者要件など詳細事項を省令や告示によって定めることになる。
 加えて、施工に関する国家資格である2級技術検定の学科試験について、受験可能年齢を大幅に引き下げる。施行令には、工業高校生、普通高校生に限らず高校2年生に相当する17歳以上であれば受験できるようにする規定を新設した。これまでは、工業高校の指定学科で学ぶ生徒に限り、3年生から受験できるとしていた。
 石井啓一国交相は同日の閣議後の記者会見で、今回の措置の導入により、「建設業界への若手の入職促進と定着を図れるようにしたい」と述べた。
 対象は、土木、建築、電気、管、造園、機械のすべての種目。今月末にまとまる16年度の技術検定の試験計画に、今回規定した措置を反映させることになる。

国交省/技術者専任配置の金額要件緩和を再検討/杭工事問題再発防止策踏まえ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

    【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  2. ホントに牛肉? 「宮崎牛」25キロ使って描いた富士山模型が話題!

    ホントに牛肉? 「宮崎牛」25キロ使って描いた富士山模型が話題!

  3. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  4. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  8. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  9. 大阪万博誘致、テーマは「未来社会のデザイン」、建設費は1250億円

  10. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

アクセスランキングをもっと見る

page top