【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」 画像 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

インバウンド・地域活性

■航空業界も注目するフェアリー・フェザーの特性

 齋栄織物が他社にないモノづくりとして、長年携わっているものがある。それが工業資材としての絹織物だ。一番最初に取り組んだのはタイプライターのインクリボン。当時、競馬の勝ち馬投票券では、その印字にシルク製のインクリボンが使われていた。そこでもしリボンに傷がついていたら、数字が間違って見えてしまう。そのため、リボンにはきわめてシビアな品質が求められたという。

 その後も、同社ではスピーカーコーンや付け爪など、様々な工業資材の製造を手掛けてきた。近年では空気清浄器などで使われるフィルターを手掛けており、これが社の売り上げの3割から4割を占めているという。シルクは化学繊維と違って熱に強く、その軽さにもアドバンテージがある。そのため、例えば自動車のオイルフィルターなどに使われることもあるという。

 「こうした受注を得られた根底にあるのは、薄手織物で培った技術なんです。細い糸を使うには、それだけ織りの密度を高める必要がある。なので、工業資材が要求している強度にも、対応しやすかったんだと思います」

 こうした工業資材の生産は、アパレル向けの生地開発にも良い影響を与えてきたという。その一つが女性向けのワンピースなどに使われている「パラシュートクロス」の商品化だ。これは、同社が開発している気象衛星向けのパラシュート生地に、後加工や染色などを施したもの。ストーリー性を持つ素材として、発表当時は多くのブランドに注目されたという。

《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  2. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

    東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  3. ジブリパーク基本デザイン公表/「となりのトトロ」など作品の世界を5エリアで表現

    ジブリパーク基本デザイン公表/「となりのトトロ」など作品の世界を5エリアで表現

  4. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  5. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  6. 取手駅西口A街区再開発、「ウェルネス・タウン取手」創造へ

  7. 駒込ダム建設(青森市)/18年度に本体工発注、事業費450億円

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. ~ITで強い商店街を作る:2~烏山方式、その継続する力とは?

  10. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

アクセスランキングをもっと見る

page top