【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」 画像 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

インバウンド・地域活性

■東日本大震災、そして……

 こうして、世界一細い先染めの繭糸を手にした齋栄織物。だが、その細さは当初の予想以上に、現場のベテラン職人をてこずらせた。撚糸によって糸の強度は確かに増している。だが、そのまま織り機にかけただけでは、何度試しても織る端から糸が切れていった。

 そんな彼らはこの後、かつてない苦難に襲われることになる。11年3月、東日本大震災発生。停電の影響でブレーカーが壊れ、建物自体にも大きなダメージが入った。

 「重さ2トンある一番大きな織り機が動いて壊れるぐらいの、大きな揺れでしたから。結局は建屋を全て改修することになりました。ただ、織り機のほとんどはボルトで固定されていたので、無事だったのが幸いでしたね。社員もすぐに駆けつけてくれたので、震災の1週間後には全ての機械を稼働させられたんです」

 この年、齋栄織物は納品を1件も遅らせることなく、受注していた全てのオーダーに対応した。さらに、三眠蚕を用いた織物の開発にも、ようやく目処がたってくる。

 糸切れが起きる原因として考えられるのは、糸にかけるテンションと、糸を織りあげるときに発生する摩擦。このうちテンション管理については、機械を調整することで何とか解決できた。しかし、織りの工程では糸を上下させる必要があるため、どうしても摩擦が発生してしまう。

 「ならば、その動く幅を狭めればいいだろうと。糸が交差するギリギリのところを、クリップのように抑えるよう、機械を改良しました。これでようやく糸を切らすことなく、生地を織り上げることに成功したんです」

 2011年9月、ついに世界一薄く、軽い先染めシルクが完成する。今までにない透け方と、薄さならではの質感。それを見た齋藤氏は、生地に「フェアリー・フェザー(妖精の羽)」と名を付けた。

《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  2. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

    東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  3. ジブリパーク基本デザイン公表/「となりのトトロ」など作品の世界を5エリアで表現

    ジブリパーク基本デザイン公表/「となりのトトロ」など作品の世界を5エリアで表現

  4. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  5. 取手駅西口A街区再開発、「ウェルネス・タウン取手」創造へ

  6. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  7. ~ITで強い商店街を作る:2~烏山方式、その継続する力とは?

  8. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  9. 駒込ダム建設(青森市)/18年度に本体工発注、事業費450億円

  10. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

アクセスランキングをもっと見る

page top