【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」 画像 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

インバウンド・地域活性

■東日本大震災、そして……

 こうして、世界一細い先染めの繭糸を手にした齋栄織物。だが、その細さは当初の予想以上に、現場のベテラン職人をてこずらせた。撚糸によって糸の強度は確かに増している。だが、そのまま織り機にかけただけでは、何度試しても織る端から糸が切れていった。

 そんな彼らはこの後、かつてない苦難に襲われることになる。11年3月、東日本大震災発生。停電の影響でブレーカーが壊れ、建物自体にも大きなダメージが入った。

 「重さ2トンある一番大きな織り機が動いて壊れるぐらいの、大きな揺れでしたから。結局は建屋を全て改修することになりました。ただ、織り機のほとんどはボルトで固定されていたので、無事だったのが幸いでしたね。社員もすぐに駆けつけてくれたので、震災の1週間後には全ての機械を稼働させられたんです」

 この年、齋栄織物は納品を1件も遅らせることなく、受注していた全てのオーダーに対応した。さらに、三眠蚕を用いた織物の開発にも、ようやく目処がたってくる。

 糸切れが起きる原因として考えられるのは、糸にかけるテンションと、糸を織りあげるときに発生する摩擦。このうちテンション管理については、機械を調整することで何とか解決できた。しかし、織りの工程では糸を上下させる必要があるため、どうしても摩擦が発生してしまう。

 「ならば、その動く幅を狭めればいいだろうと。糸が交差するギリギリのところを、クリップのように抑えるよう、機械を改良しました。これでようやく糸を切らすことなく、生地を織り上げることに成功したんです」

 2011年9月、ついに世界一薄く、軽い先染めシルクが完成する。今までにない透け方と、薄さならではの質感。それを見た齋藤氏は、生地に「フェアリー・フェザー(妖精の羽)」と名を付けた。

《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

    2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

  2. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  3. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  4. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  5. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  6. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  7. ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~UIターン、六次化、遊休農地削減……村を変えた道の駅

  8. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  9. 羽田空港第2旅客ターミナル国際線対応施設、南側増築で機能強化

  10. 【ご当地キャラの仕掛人に訊く!】地域マスコットから国民キャラへ――ぐんまちゃん

アクセスランキングをもっと見る

page top