愛知県内自治体、社保未加入問題の対応加速、入札要件設定増加 画像 愛知県内自治体、社保未加入問題の対応加速、入札要件設定増加

インバウンド・地域活性

 建設業の社会保険等未加入対策が全国的に拡大している中、愛知県内では、16・17年度入札参加資格確認申請の提出に、社会保険等加入を必須とする自治体が増えてきた。未加入業者は16年度以降、これら自治体の入札に参加できなくなる。
 社会保険等未加入対策では、愛知県が国に歩調を合わせ既に未加入業者の入札参加資格審査申請を受け付けない措置を講じている。さらに、16年4月1日以降の契約工事については、未加入業者との1次下請契約も禁止する。違反した元請業者には制裁金の請求、指名停止、工事成績評定の減点といった罰則も設ける。
 名古屋市も同様に、15・16年度入札参加資格審査申請で社会保険等の加入を条件とした。また、下請業者の加入促進にも取り組むため、16年2月1日以降の契約工事では、施工体制台帳の確認を厳格化、下請に未加入業者が確認されれば、元請業者を建設業許可権者へ通報する方針を打ち出している。
 県や名古屋市に続き、県内の自治体でも、社会保険未加入対策を強化する。16年1月4日から始まる16・17年度入札参加資格審査申請の定時受付で、13市2町が社会保険等加入(適用除外を除く)を申請者の要件に加えた。このため、未加入業者はこれら市町に申請することができなくなる。
 市町がこうした措置を講じることによって、中小建設業者の社会保険等加入が促進されると期待されている。
 16・17年度入札参加資格審査申請で社会保険等加入を申請者の要件に設定している市町は次の通り。
 ▽春日井市▽江南市▽津島市▽東海市▽岡崎市▽碧南市▽刈谷市▽豊田市▽安城市▽高浜市▽みよし市▽豊橋市▽蒲郡市▽阿久比町▽東浦町。

愛知県内自治体/社保未加入問題の対応加速/入札参加申請で要件設定増加

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  2. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

    品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  3. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

    和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  4. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  5. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  6. 大阪「新世界・通天閣」エリアに星野リゾート! 新たなインバウンド視点!

  7. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  8. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  9. 広島駅南口再開発ビル「EKICITY HIROSHIMA」、新たなランドマークの誕生

  10. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

アクセスランキングをもっと見る

page top