「イノシシのへしこ」「青森ごぼう茶」などふるさとの逸品を表彰 画像 「イノシシのへしこ」「青森ごぼう茶」などふるさとの逸品を表彰

インバウンド・地域活性

 全国の地方新聞社による厳選お取り寄せサイト「47CLUB(よんななクラブ)」は、「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」において「ベストアイディア部門賞」を創設。年明け1月20日に最終審査会を予定している。

 「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」は、地域の将来を支える名品とその市場開拓を支援する表彰制度。政府の後援を得て、さまざまな部門賞をラインアップしている。「ベストアイディア部門賞」は”斬新な切り口”、”独自のストーリー”、”卓越したクリエイテヴィティ”、”消費者ニーズの掘り起こし”などの観点から表彰する。

 1次審査を通過した最終審査候補は10商品。日本一のごぼう生産量を誇る青森県三沢市の「青森ごぼう茶」(東奥日報社推薦)や、かつて農民の野良作業で使われた綿布をおしゃれなワンピースとして復活させた新潟県の「亀田縞一年中ワンピース」(新潟日報社推薦)、福井伝統食へしこの技術でイノシシ肉をぬか漬けにした「イノシシのへしこ」(福井新聞社推薦)など、いずれも地域性を活かしたアイデアにあふれる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 川崎市・新本庁舎の建設設計、概算工事費は約400億円

    川崎市・新本庁舎の建設設計、概算工事費は約400億円

  3. 大手が参入できない強みを生かした下諏訪の「温泉ストーブ」

    大手が参入できない強みを生かした下諏訪の「温泉ストーブ」

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. これもカープの勢い? 広島駅の周辺開発が活発化!

  6. 日立建機、オフロード法2014適合のホイールローダ

  7. 「社会的行為」から「個人的体験」へ。変化を迫られる観光

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】UIターン、六次化、遊休農地削減……村を変えた道の駅

  9. アニメビジネスと地域活性化…自衛隊・埼玉・大洗・鷹の爪

  10. チタン製タンブラーほか8商品が三重グッドデザインに決定!

アクセスランキングをもっと見る

page top