許可・経審申請業者の社保加入率88%に、4~9月、国交省 画像 許可・経審申請業者の社保加入率88%に、4~9月、国交省

インバウンド・地域活性

 国土交通省は、建設業許可や経営事項審査(経審)の申請などに合わせて実施している社会保険への加入指導の結果をまとめた。今年4~9月の半年間で許可や経審を申請した業者のうち、既に社会保険に加入していた業者の割合は88・0%だった。指導後に加入した業者を加えると、全体に占める割合は92・4%に達した。
 申請数は6万3010件で、うち加入数は5万5425件。指導を行ったのは全体の12・0%に当たる7585件だった。指導によって加入した業者は2769件、指導に応じず、厚生労働省への通報にまで至ったのは3241件に上った。
 申請時に加入していた業者の比率は、14年4月から9月までの申請で82・7%、14年10月から15年3月までの申請で86・2%と上昇傾向にあり、今年4~9月はさらに高まった。
 加入率が上昇している理由について、国交省は今年実施した社会保険加入促進の全国キャラバン、11月に開始した前倒し一斉指導の予告、直轄工事での社会保険未加入1次下請業者の排除策などが奏功したとみている。
 申請時の加入指導は12年11月から実施。指導は許可・更新と経審申請時に加え、立ち入り検査時にも行っている。累計の指導数は4万6762件、指導後の加入業者数は1万6479件、厚労省への通報数は2万1321件に上った。通報率(指導件数に対する通報件数の割合)は45・6%だった。地域によっては通報率が6割を超えているという。
 申請時の加入数と指導後の加入数を合わせた業者数は34万3140件で、申請総数の91・9%になっている。

許可・経審申請業者の社保加入率、88%に/4~9月、一斉指導や排除策奏功/国交省

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

    「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  3. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  4. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  7. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

  8. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  9. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  10. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top