MCデータプラス、下請次数・業種別の社保加入状況可視化 画像 MCデータプラス、下請次数・業種別の社保加入状況可視化

インバウンド・地域活性

 三菱商事系のMCデータプラス(東京都港区、秋山光輝社長)は、建設業向けのクラウド型労務安全書類サービス「グリーンサイト」を使い、下請の社会保険加入状況を可視化する追加サービスを導入する。グリーンサイトを提供している元請会社をターゲットとするサービスで、下請次数や業種別の加入状況をグラフや数値で一覧できる。別途提供する通門管理機能を用いることで、作業員が現場に入場した段階で未加入の作業員を瞬時に把握でき、加入指導に役立てることができる。
 「データ解析サービス」と呼ぶ追加サービスでは、グリーンサイトに蓄積されたデータをユーザーの視点で簡便に解析することが可能。第1弾として社会保険加入状況を可視化するサービスを16年3月1日から提供。これに先立ち、2月29日までを無料の試行期間とする。既に11社が申し込んでおり、各社が運営する合計4000~5000現場の情報が提供される。
 サービスでは、再下請通知書や作業員名簿に基づく加入状況を画面上で瞬時に集計。元請の全社単位、支社単位、作業所単位でそれぞれ下請企業別、作業員別の加入状況を見られるようにする。健康保険、厚生年金保険、雇用保険別に前月・半年前と比べた推移も分かる。
 グリーンサイトは現在、元請70社と協力会社3万社が利用。全情報を集約すれば、「100万人分の社会保険加入状況をつかむことができる」(秋山社長)という。利用料は1現場当たり月額1000円。現場数に応じて単価を下げる。年明けに受け付けを始める。

MCデータプラス/下請次数・業種別の社保加入状況可視化/グリーンサイトに追加

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

    日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

    川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  4. 幕張新都心若葉住宅地区の開発第2弾、1万人規模の街づくり

  5. 【インバウンド向けホステル浸透中!:4】プリンスホテルのおもてなしは、???が違う!

  6. 川崎・キングスカイフロント、客室200室のホテル建設!

  7. 羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

  8. ムーミンテーマパークは飯能市、総事業費150億円!

  9. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  10. 羽田空港跡地第1ゾーン基盤施設基本設計、建設技術研究所に

アクセスランキングをもっと見る

page top