電気自動車テスラのCEOほか、人工知能研究を支援 画像 電気自動車テスラのCEOほか、人工知能研究を支援

制度・ビジネスチャンス

 米テスラモーターズCEOのイーロン・マスク氏はじめ、シリコンバレーの著名なIT起業家・投資家、それに企業が人工知能(AI)研究を行うNPOに合計10億ドル(約1200億円)もの資金を寄付すると11日発表した。マスク氏はAIが将来「人類存続の脅威になる」と再三警告を発しているAI脅威論者の一人だが、この「オープンAI(OpenAI)」というNPOでは、目先の利益よりも人類社会の発展を目的に、人間の能力拡張につながるAI研究に主眼を置くという。

 オープンAIのブログによれば、「経済的利益の追求に縛られることなく、人類全体の利益になるようデジタル知能の進展を目指す」「ノンプロフィットとして、株主ではなく、すべての人々のための価値を作るのが目的」とAI研究についての公的な役割を強調。同NPOに所属する研究者は研究内容を論文やブログ、プログラム(コード)、あるいは特許の形で公開し、世界中の研究者と共有する。ほかの研究機関や企業との共同研究も進めるという。

 オープンAIの共同会長にはマスク氏と、スタートアップを支援するシードアクセラレーターとして有名なYコンビネーター社長のサム・アルトマン氏が就く。

 出資については、この2人のほか、ペイパルの共同創業者で『ゼロ・トゥ・ワン』の著者として日本でも知られる投資家のピーター・ティール氏、リンクトイン共同創業者のレイド・ホフマン氏、Yコンビネーターのパートナーのジェシカ・リビングストン氏らが表明。企業ではアマゾンウェブサービス(AWS)やインドのIT大手インフォシス、Yコンビネーターの研究部門であるYCリサーチが資金支援する。

 こうした活動はAI研究者の関心も集め始めているようで、イリヤ・サツケバー氏はグーグルのディープラーニング部門を辞めてオープンAIの研究責任者に就任した。

 一方、10億ドルという資金は巨額だが、オープンAIはブログで「この先数年間はそのほんの一部分しか使わない見通しだ」としている。しかし、スタンフォード大学講師のノーマン・ウィナースキー氏はロイターに対し、「長期にわたって使える資金であり、10億ドルは莫大なインパクトがある」とその効果に期待を示す。

 ウィナースキー氏はアップルの音声アシスタント「Siri(シリ)」を開発したスタートアップ(Siri, Inc.)の共同創業者でもある。2010年にアップルが音声アプリを提供していたSiri社を買収し、iPhoneのiOSに組み込む形で2011年10月にサービスを開始した。SiriはもともとDARPA(国防総省高等研究計画局)の研究開発プログラムをベースにしていて、そのプログラムには5年間で1億5000万ドルの政府資金が投じられたという。

テスラモーターズのマスク氏ら、AI研究のNPOに10億ドル寄付

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

    成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

  2. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  3. 「地中拡幅工法」検討に苦心…関東整備局が民間企業から意見聴取へ

    「地中拡幅工法」検討に苦心…関東整備局が民間企業から意見聴取へ

  4. 【あたらしい訪問型ビジネス:2】美容サロンが育児ママを救う!

  5. コンビニの淹れ立てコーヒーを向こうに回し、チルドボトルがじわり人気

  6. ポスト五輪、建設市場もインバウンド需要で。極端な落ち込みなしの予測

  7. 【規制緩和が生む新観光業:3】高単価ガイドツアーが売れる理由

  8. 日空衛が人材ビジョンを決定。労働環境改善や中小支援も

  9. ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に見る“契約”の価値観

  10. 【あたらしい訪問型ビジネス:3】“オフィス”をセラピーの場に

アクセスランキングをもっと見る

page top