新東名・浜松いなさJCT~豊田東JCT間は2月13日に開通 画像 新東名・浜松いなさJCT~豊田東JCT間は2月13日に開通

インバウンド・地域活性

2016年2月13日15時、新東名の浜松いなさJCT~豊田東JCT間が開通する。静岡県浜松市北区引佐町から愛知県豊田市岩倉町までの約55キロ。さらなるダブルケットワーク化で、東名の渋滞の名所解消が期待されている。

新東名が最初に開通したのは12年4月のこと。御殿場JCT(静岡県御殿場市)~浜松いなさJCTまでの162キロで、2月の開通で約200キロの東名を補完するダブルネットワークが完成する。

この完成で最も効果が期待されているのが、東名の渋滞解消だ。三ケ日JCT~豊田JCT間では、今でも年間約600回の渋滞が発生している。

朝夕の通勤時間帯や年末年始、GWなどの混雑期のあまりに激しい渋滞を緩和するため11年、豊田JCTから音羽蒲郡IC手前までの約21キロ(下り線)、美合PA~豊田JCTまでの約15キロ(上り線)を暫定3車線化したが、車線幅や路肩部分を狭めて車線を引き直したので、最高速度は時速60kmに制限され、根本的な渋滞解消には至ってはいない。

中日本高速によるとこの渋滞が開通によって「大幅に緩和が見込まれるとともに、交通事故の減少が期待される」とし、約80パーセント渋滞が削減されると予測している。

さらに御殿場JCT~豊田JCT間の所要時間は、東名のみを通行した場合より約60分短縮すると算出している。前述の渋滞緩和効果に加えて、新東名のほうが距離が約20キロ短いためだ。この走行距離の短縮は、利用区間によっては料金にも反映され割安になることもある。

中日本高速は、ほかにも物流の効率化が促進されることで愛知県東三河・岡崎地域の工場立地の促進、日帰り圏拡大による観光振興など地域の発展にもつながるとする。

この開通により新たに「長篠設楽原PA」(ながしのしたらがはら)、「岡崎SA」の休憩施設が誕生する。

新開通区間の51パーセントは橋梁とトンネルで構成される。

新東名・浜松いなさJCT~豊田東JCT間、2月13日15時に開通

《中島みなみ》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

    和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

    外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

  4. 冷凍チャーハン過熱! 原料米にこだわり各メーカー新商品投入

  5. 和歌山市の市民文化交流センター計画、和歌山城を意識した外装デザインに!

  6. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  7. 生ごみと野菜を交換…「やさいクル」事業 山形市

  8. 野菜茶業研究所が“人工土壌”を開発!多孔質素材で微生物活性化、地力回復など応用に期待

  9. 規格外の有機野菜を約3割安く飲食店に提供、廃棄野菜の再生に

  10. 長野県松川町で小渋ダム土砂バイパストンネル完成の式典開く

アクセスランキングをもっと見る

page top