新東名・浜松いなさJCT~豊田東JCT間は2月13日に開通 画像 新東名・浜松いなさJCT~豊田東JCT間は2月13日に開通

インバウンド・地域活性

2016年2月13日15時、新東名の浜松いなさJCT~豊田東JCT間が開通する。静岡県浜松市北区引佐町から愛知県豊田市岩倉町までの約55キロ。さらなるダブルケットワーク化で、東名の渋滞の名所解消が期待されている。

新東名が最初に開通したのは12年4月のこと。御殿場JCT(静岡県御殿場市)~浜松いなさJCTまでの162キロで、2月の開通で約200キロの東名を補完するダブルネットワークが完成する。

この完成で最も効果が期待されているのが、東名の渋滞解消だ。三ケ日JCT~豊田JCT間では、今でも年間約600回の渋滞が発生している。

朝夕の通勤時間帯や年末年始、GWなどの混雑期のあまりに激しい渋滞を緩和するため11年、豊田JCTから音羽蒲郡IC手前までの約21キロ(下り線)、美合PA~豊田JCTまでの約15キロ(上り線)を暫定3車線化したが、車線幅や路肩部分を狭めて車線を引き直したので、最高速度は時速60kmに制限され、根本的な渋滞解消には至ってはいない。

中日本高速によるとこの渋滞が開通によって「大幅に緩和が見込まれるとともに、交通事故の減少が期待される」とし、約80パーセント渋滞が削減されると予測している。

さらに御殿場JCT~豊田JCT間の所要時間は、東名のみを通行した場合より約60分短縮すると算出している。前述の渋滞緩和効果に加えて、新東名のほうが距離が約20キロ短いためだ。この走行距離の短縮は、利用区間によっては料金にも反映され割安になることもある。

中日本高速は、ほかにも物流の効率化が促進されることで愛知県東三河・岡崎地域の工場立地の促進、日帰り圏拡大による観光振興など地域の発展にもつながるとする。

この開通により新たに「長篠設楽原PA」(ながしのしたらがはら)、「岡崎SA」の休憩施設が誕生する。

新開通区間の51パーセントは橋梁とトンネルで構成される。

新東名・浜松いなさJCT~豊田東JCT間、2月13日15時に開通

《中島みなみ》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

    【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

  2. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

    名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  3. 神戸港の将来構想発表、国際競争力強化へクルーズ船への対応も

    神戸港の将来構想発表、国際競争力強化へクルーズ船への対応も

  4. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  7. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  8. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】大手外資を相手にシェア2割をとる群馬の中小企業

  10. 泉岳寺周辺地区再開発、「泉岳寺」も専門アドバイザーとして参加!

アクセスランキングをもっと見る

page top