新東名・浜松いなさJCT~豊田東JCT間は2月13日に開通 画像 新東名・浜松いなさJCT~豊田東JCT間は2月13日に開通

インバウンド・地域活性

2016年2月13日15時、新東名の浜松いなさJCT~豊田東JCT間が開通する。静岡県浜松市北区引佐町から愛知県豊田市岩倉町までの約55キロ。さらなるダブルケットワーク化で、東名の渋滞の名所解消が期待されている。

新東名が最初に開通したのは12年4月のこと。御殿場JCT(静岡県御殿場市)~浜松いなさJCTまでの162キロで、2月の開通で約200キロの東名を補完するダブルネットワークが完成する。

この完成で最も効果が期待されているのが、東名の渋滞解消だ。三ケ日JCT~豊田JCT間では、今でも年間約600回の渋滞が発生している。

朝夕の通勤時間帯や年末年始、GWなどの混雑期のあまりに激しい渋滞を緩和するため11年、豊田JCTから音羽蒲郡IC手前までの約21キロ(下り線)、美合PA~豊田JCTまでの約15キロ(上り線)を暫定3車線化したが、車線幅や路肩部分を狭めて車線を引き直したので、最高速度は時速60kmに制限され、根本的な渋滞解消には至ってはいない。

中日本高速によるとこの渋滞が開通によって「大幅に緩和が見込まれるとともに、交通事故の減少が期待される」とし、約80パーセント渋滞が削減されると予測している。

さらに御殿場JCT~豊田JCT間の所要時間は、東名のみを通行した場合より約60分短縮すると算出している。前述の渋滞緩和効果に加えて、新東名のほうが距離が約20キロ短いためだ。この走行距離の短縮は、利用区間によっては料金にも反映され割安になることもある。

中日本高速は、ほかにも物流の効率化が促進されることで愛知県東三河・岡崎地域の工場立地の促進、日帰り圏拡大による観光振興など地域の発展にもつながるとする。

この開通により新たに「長篠設楽原PA」(ながしのしたらがはら)、「岡崎SA」の休憩施設が誕生する。

新開通区間の51パーセントは橋梁とトンネルで構成される。

新東名・浜松いなさJCT~豊田東JCT間、2月13日15時に開通

《中島みなみ》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  4. 富裕層インバウンドの法則その2

  5. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  6. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  7. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  8. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  9. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  10. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top