【回転窓】公共測量にドローン 画像 【回転窓】公共測量にドローン

IT業務効率

 さまざまな分野で利用が広がる小型無人機(ドローン)。飛行ルールを定めた改正航空法が10日に施行され、住宅密集地や夜間の飛行を原則禁止とするなどの一定のルールが敷かれた▼利用拡大の一方で、人の安全を脅かすような事案が発生していることへの対応だ。禁止区域での飛行は、国土交通相が許可・承認した場合に限って可能となる▼建設分野でも、公共測量にドローンを活用しようという動きがある。そのためのマニュアル作りも国土地理院で始まった。ドローンで撮影した画像データから3次元測量を実施し、その後の設計や施工にも生かす。国交省は、全体プロセスの最適化を図り、生産性を高める取り組みを「i-Construction」と名付けて推進する▼測量法に基づく公共測量の「作業規定の準則」は、ドローン使用を前提には作られていないが、新技術でもマニュアルがあれば利用を認めている。今回の取り組みもそれを根拠にしている▼新しいものでも有効な技術なら積極的に取り込む。準則にはそんな姿勢が見て取れる。技術による成長には、こうした余地を残すことが重要だ。

回転窓/公共測量にドローン

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ネットで“おさがり”を実現、子供服の物々交換サービス

    ネットで“おさがり”を実現、子供服の物々交換サービス

  2. AI活用の次世代タクシー配車アプリ「タクベル」、DeNAがリリース

    AI活用の次世代タクシー配車アプリ「タクベル」、DeNAがリリース

  3. LINE対抗と騒がれるも実際は?キャリア3社が共同開発した「+メッセージ」とは?

    LINE対抗と騒がれるも実際は?キャリア3社が共同開発した「+メッセージ」とは?

  4. 大林組、AI活用技術の開発体制強化/AIやIoTで生産性を向上

  5. 【今流スマホ予約・前編】“スマホ→即予約”が外食を変える!?

  6. ロボットが駅案内コンシェルジュに/都営地下鉄で実証実験 3月20日から

  7. 建災防、安全対策にICT活用/有識者委が初会合

  8. 【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

  9. 西松建設が大深度での非開削地中拡幅工法を開発

  10. 配車アプリ「らくらくタクシー」、iPhone に加え集合住宅のアイホンからも利用可能に

アクセスランキングをもっと見る

page top