【回転窓】公共測量にドローン 画像 【回転窓】公共測量にドローン

IT業務効率

 さまざまな分野で利用が広がる小型無人機(ドローン)。飛行ルールを定めた改正航空法が10日に施行され、住宅密集地や夜間の飛行を原則禁止とするなどの一定のルールが敷かれた▼利用拡大の一方で、人の安全を脅かすような事案が発生していることへの対応だ。禁止区域での飛行は、国土交通相が許可・承認した場合に限って可能となる▼建設分野でも、公共測量にドローンを活用しようという動きがある。そのためのマニュアル作りも国土地理院で始まった。ドローンで撮影した画像データから3次元測量を実施し、その後の設計や施工にも生かす。国交省は、全体プロセスの最適化を図り、生産性を高める取り組みを「i-Construction」と名付けて推進する▼測量法に基づく公共測量の「作業規定の準則」は、ドローン使用を前提には作られていないが、新技術でもマニュアルがあれば利用を認めている。今回の取り組みもそれを根拠にしている▼新しいものでも有効な技術なら積極的に取り込む。準則にはそんな姿勢が見て取れる。技術による成長には、こうした余地を残すことが重要だ。

回転窓/公共測量にドローン

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

    大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  2. HJHJアーカイブス:07「老舗旅館を立て直した“ITのおもてなし”」

    HJHJアーカイブス:07「老舗旅館を立て直した“ITのおもてなし”」

  3. 【AIで変わる経営:2】明かされた潜在顧客と“客が集う棚”

    【AIで変わる経営:2】明かされた潜在顧客と“客が集う棚”

  4. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  5. 【VRと中小企業:1】VRスマホが転機、実用進む3業種とは?

  6. 【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

  7. 建築・建設現場向け!月額9,800円からのレンタルIPカメラ

  8. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  9. VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」

  10. リニア新幹線に向けて回転水平多軸式連続壁機を開発!

アクセスランキングをもっと見る

page top