双日出資のPSL社、ミャンマーで冷蔵・冷凍対応の物流業参入 画像 双日出資のPSL社、ミャンマーで冷蔵・冷凍対応の物流業参入

海外進出

PSL社 ミャンマーで3温度帯の物流事業を展開
総合商社の双日は12月8日、今年4月にミャンマーで設立されたプレミアム・双日・ロジスティクス社(以下PSL社)がミャンマー投資委員会(以下MIC)から物流業の投資許認可を取得したと発表した。

PSL社は、双日および双日ロジスティクス社で構成される双日グループと、ミャンマーの食品・生活消費財卸売会社のプレミアム・ディストリビューション社(以下PDC社)の共同出資によって設立され、常温、冷蔵、冷凍の3温度帯の物流事業を行う。PSL社の出資比率はPDC社が60%、双日グループが40%。

ミャンマー小売最大手シティマートに3温度帯物流実施
MICの投資許認可取得により、PSL社には不動産の長期リースや外貨送金など各種規制の緩和や優遇税制が適用される。PSL社は、2013年8月に双日が資本業務提携契約を締結したミャンマーの小売最大手のシティマートに今年6月以降、3温度帯物流の営業を開始している。

さらに、PSL社は投資許認可取得によって経営効率化を図り、ピザハットを始めとするミャンマーの外食チェーンへの物流支援を通じて、同国の食品物流の近代化に貢献していきたい考えだ。

ミャンマーの食品物流近代化へ 双日出資のPSL社 物流業の投資許認可取得

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  2. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

    高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  3. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  4. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  5. 【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  6. 宮崎キャビア1983、海外へ! そして1983は何を意味するのか?

  7. 東京センチュリー、東南アジア地域への事業を拡大

  8. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  9. 【養殖モノを海外で売る!:3】狙うは富裕層、DHA強化ブリ

  10. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

アクセスランキングをもっと見る

page top