宮崎県で農林水産業へのICT活用を語るシンポジウム開催 画像 宮崎県で農林水産業へのICT活用を語るシンポジウム開催

インバウンド・地域活性

 宮崎県は12月22日、「地域の基盤産業強化シンポジウムinみやざき~ICTを第一次産業に活かす~」を開催。行政だけでなく民間の企業や団体などが登壇し、農林水産業へのICT活用についてディスカッションする。

 宮崎県は”農林水産業とITの融合により生産性の向上、高付加価値化を目指す”というテーマで地域の地盤産業強化を提案し、総務省に採択されている。今回のシンポジウムは、総務省によるテーマ調査を実行に移していくための取り組みだ。

 当日は基調講演として総務大臣補佐官の太田直樹氏が登壇。その後、総務省による施策説明が行われ、”ICTを第一次産業に活かす”をテーマにしたパネルディスカッションに移る。

 パネルディスカッションでは太田氏がコーディネーターとなり、宮崎県漁業士会長の猪塚文泰氏、宮崎県商工観光労働部長の永山英也氏、ひむか野菜光房代表取締役社長の島原俊英氏をはじめとしたパネラーが登壇。農林水産業とICTについて意見を交わす。

 会場は宮崎市の宮崎観光ホテルで、開催時間は13時30分から16時まで。参加費は無料で、事前登録が必要となる。申し込み締め切りは12月15日。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 神戸港の将来構想発表、国際競争力強化へクルーズ船への対応も

    神戸港の将来構想発表、国際競争力強化へクルーズ船への対応も

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  3. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

    名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  4. 農業ベンチャーによるオールLED野菜工場、「富士ファーム」が今夏からフル稼働

  5. モノを運ぶドローンが空を飛ぶ時代! 3月にフォーラム開催

  6. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  7. 武蔵野会朝霞台中央総合病院、移転建替が起工、施工は清水建設

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

  9. 鹿島、技研水理実験施設の設備更新、高さ20メートル相当の津波再現可能に

  10. 岩手医科大学が付属病院を移転新築、建設事業費550億円

アクセスランキングをもっと見る

page top