宮崎県で農林水産業へのICT活用を語るシンポジウム開催 画像 宮崎県で農林水産業へのICT活用を語るシンポジウム開催

インバウンド・地域活性

 宮崎県は12月22日、「地域の基盤産業強化シンポジウムinみやざき~ICTを第一次産業に活かす~」を開催。行政だけでなく民間の企業や団体などが登壇し、農林水産業へのICT活用についてディスカッションする。

 宮崎県は”農林水産業とITの融合により生産性の向上、高付加価値化を目指す”というテーマで地域の地盤産業強化を提案し、総務省に採択されている。今回のシンポジウムは、総務省によるテーマ調査を実行に移していくための取り組みだ。

 当日は基調講演として総務大臣補佐官の太田直樹氏が登壇。その後、総務省による施策説明が行われ、”ICTを第一次産業に活かす”をテーマにしたパネルディスカッションに移る。

 パネルディスカッションでは太田氏がコーディネーターとなり、宮崎県漁業士会長の猪塚文泰氏、宮崎県商工観光労働部長の永山英也氏、ひむか野菜光房代表取締役社長の島原俊英氏をはじめとしたパネラーが登壇。農林水産業とICTについて意見を交わす。

 会場は宮崎市の宮崎観光ホテルで、開催時間は13時30分から16時まで。参加費は無料で、事前登録が必要となる。申し込み締め切りは12月15日。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  4. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  7. 宮城県・名取駅前地区の再開発、大震災で変更・7年越しの事業が本格始動

  8. 横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

  9. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  10. 新宿住友ビル大規模改修、目玉は巨大アトリウム!

アクセスランキングをもっと見る

page top