宮崎県で農林水産業へのICT活用を語るシンポジウム開催 画像 宮崎県で農林水産業へのICT活用を語るシンポジウム開催

インバウンド・地域活性

 宮崎県は12月22日、「地域の基盤産業強化シンポジウムinみやざき~ICTを第一次産業に活かす~」を開催。行政だけでなく民間の企業や団体などが登壇し、農林水産業へのICT活用についてディスカッションする。

 宮崎県は”農林水産業とITの融合により生産性の向上、高付加価値化を目指す”というテーマで地域の地盤産業強化を提案し、総務省に採択されている。今回のシンポジウムは、総務省によるテーマ調査を実行に移していくための取り組みだ。

 当日は基調講演として総務大臣補佐官の太田直樹氏が登壇。その後、総務省による施策説明が行われ、”ICTを第一次産業に活かす”をテーマにしたパネルディスカッションに移る。

 パネルディスカッションでは太田氏がコーディネーターとなり、宮崎県漁業士会長の猪塚文泰氏、宮崎県商工観光労働部長の永山英也氏、ひむか野菜光房代表取締役社長の島原俊英氏をはじめとしたパネラーが登壇。農林水産業とICTについて意見を交わす。

 会場は宮崎市の宮崎観光ホテルで、開催時間は13時30分から16時まで。参加費は無料で、事前登録が必要となる。申し込み締め切りは12月15日。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  3. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

    虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  4. 【地方発ヒット商品の裏側】岐阜の油問屋と和菓子職人が手がけた「大地のかりんとう」

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  7. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  8. ノーベル賞の晩さん会で注目! 高級食材としてのウズラ肉に注目!

  9. 「コナミクリエイティブセンター銀座」、スマホ向けゲームの開発拠点に!

  10. 「みかんブリ」で地域活性!宇和島プロジェクトの秘策

アクセスランキングをもっと見る

page top