セコムがセキュリティにドローン投入…民間防犯用として世界初 画像 セコムがセキュリティにドローン投入…民間防犯用として世界初

インバウンド・地域活性

 セコムが自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を開発した。民間防犯用としては世界初で、12月11日からサービス提供を行う。

 一般的な敷地内固定タイプの監視カメラの場合、不審者の使用する車両が離れた位置にある場合など、ナンバーや車種を特定しづらいケースがあった。セコムドローンは、セキュリティシステムがレーザーセンサーで不審者の位置を検出すると、自動的に接近し、搭載したLEDライトと監視カメラを使って撮影。画像は無線でセコムのコントロールセンターに送られる。

 セコムドローンはドローン関連規制を盛り込んだ航空法改正の動きを受けてサービス開始を延期していたが、今回改めて改正航空法に基づいた承認を得て正式にリリースとなった。不審者や不審車の追跡時には、高度3~5mを時速10kmで飛行する。

 同社のオンライン・セキュリティシステムなどを導入済みの場合、サービス料は月額5000円からで、工事料は80万円から。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ふるさと納税返礼品でのお米、8割増の2.4万トンに。銘柄PRに活用

    ふるさと納税返礼品でのお米、8割増の2.4万トンに。銘柄PRに活用

  2. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

    札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  3. 高速道路各社/過積載取り締まり強化/関東・関西で悪質違反者初告発

    高速道路各社/過積載取り締まり強化/関東・関西で悪質違反者初告発

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

  6. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  7. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  8. コーヒー店が大豆商品を販売!? 隠された農家の物語とは?

  9. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  10. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top