セコムがセキュリティにドローン投入…民間防犯用として世界初 画像 セコムがセキュリティにドローン投入…民間防犯用として世界初

インバウンド・地域活性

 セコムが自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を開発した。民間防犯用としては世界初で、12月11日からサービス提供を行う。

 一般的な敷地内固定タイプの監視カメラの場合、不審者の使用する車両が離れた位置にある場合など、ナンバーや車種を特定しづらいケースがあった。セコムドローンは、セキュリティシステムがレーザーセンサーで不審者の位置を検出すると、自動的に接近し、搭載したLEDライトと監視カメラを使って撮影。画像は無線でセコムのコントロールセンターに送られる。

 セコムドローンはドローン関連規制を盛り込んだ航空法改正の動きを受けてサービス開始を延期していたが、今回改めて改正航空法に基づいた承認を得て正式にリリースとなった。不審者や不審車の追跡時には、高度3~5mを時速10kmで飛行する。

 同社のオンライン・セキュリティシステムなどを導入済みの場合、サービス料は月額5000円からで、工事料は80万円から。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

    地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  3. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

    地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  4. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  5. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  6. 【地方発ヒット商品の裏側】ベルサイユ宮殿の晩餐で使用された「ぎやまん陶」とは?

  7. 富裕層インバウンドの法則その8

  8. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  10. エシカルな「食」が都会と地方を結ぶ!

アクセスランキングをもっと見る

page top