セコムがセキュリティにドローン投入…民間防犯用として世界初 画像 セコムがセキュリティにドローン投入…民間防犯用として世界初

インバウンド・地域活性

 セコムが自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を開発した。民間防犯用としては世界初で、12月11日からサービス提供を行う。

 一般的な敷地内固定タイプの監視カメラの場合、不審者の使用する車両が離れた位置にある場合など、ナンバーや車種を特定しづらいケースがあった。セコムドローンは、セキュリティシステムがレーザーセンサーで不審者の位置を検出すると、自動的に接近し、搭載したLEDライトと監視カメラを使って撮影。画像は無線でセコムのコントロールセンターに送られる。

 セコムドローンはドローン関連規制を盛り込んだ航空法改正の動きを受けてサービス開始を延期していたが、今回改めて改正航空法に基づいた承認を得て正式にリリースとなった。不審者や不審車の追跡時には、高度3~5mを時速10kmで飛行する。

 同社のオンライン・セキュリティシステムなどを導入済みの場合、サービス料は月額5000円からで、工事料は80万円から。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  2. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  3. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  4. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  5. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  10. 「品川新駅」本格着工。日本のグローバルなゲートウエーに!

アクセスランキングをもっと見る

page top