ストック効果「見える化」に向け議論 画像 ストック効果「見える化」に向け議論

インバウンド・地域活性

 社会資本整備審議会(社整審、国土交通相の諮問機関)と交通政策審議会(交政審、同)合同の計画部会に設けた専門小委員会(金本良嗣委員長)の初会合が8日開かれ、第4次社会資本整備重点計画(15~20年度)で打ち出した「ストック効果」を最大化するための議論をスタートさせた。計画の達成状況をフォローアップする一環で、ストック効果の高い事業に投資を重点化する観点から今後どのようにストック効果を把握・評価し、「見える化」に取り組むかをまとめる。
 初会合で国交省の毛利信二総合政策局長は、「ストック効果を定量的に把握するのはチャレンジングな取り組み。人口減少下でも生産性を向上させたり、生産を誘発したりすることは重要なテーマとなるので、多角的な意見を出していただきたい」と要請した。
 計画初年度のフォローアップの一環で行う議論に当たり、国交省は「ストック効果を時間的または地域的な広がりをどこまで捉えるか」「(工場立地への影響など)社会資本整備の寄与度についてどう考えるべきか」「ストック効果の大小をどのように判断すべきか」などの論点を提示。見える化については、その手法やタイミング・頻度などを含めた論点で議論を深めることを提案した。

社整審・交政審小委/ストック効果最大化へ議論開始/把握・評価手法検討

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 川崎市・新本庁舎の建設設計、概算工事費は約400億円

    川崎市・新本庁舎の建設設計、概算工事費は約400億円

  4. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  5. 【ご当地キャラの仕掛人に訊く!】地域マスコットから国民キャラへ――ぐんまちゃん

  6. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  7. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  8. 日立建機、オフロード法2014適合のホイールローダ

  9. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】UIターン、六次化、遊休農地削減……村を変えた道の駅

  10. 増加するインバウンド、貸切バスの臨時営業区域・設定を延長へ

アクセスランキングをもっと見る

page top